ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Category [お知らせ ] 記事一覧

1/25 (水)道の原典研究会案内

 阪神淡路大震災から22年目 今月17日は阪神淡路大震災から22年目に当たり、さまざまな情報が流れた。なんと震災の犠牲者が6千4百人超と聞いて、改めて犠牲者の多さに言葉を失った。いのちを失った人、生き残った人、その家族には、第三者が口をはさむ余地のない尽くせぬ悲嘆の思いが心の底に刻みつけられているに違いない。 天理市に住む私は第三者でしかないが、それでも震災後10日目に、キャリアに食糧を載せて東灘区の...

12/25(日)月例会ご案内

 来年はどんな大変動が起こるのか夏の暑さに負けないように心の準備をしていたかと思うと、もはや朝晩の冷え込みに震えている。日本の気候は四季とともに目まぐるしく移り変わるから日本人は落ち着きなくいつも追いかけられているようなセッカチな性格になると聞いたことがある。じっさい一年じゅう夏や冬の気候で暮らしている国民の生活は想像することもできない。 しかし、やはり四季の移り変わりがあり寒暖の差があるから緊張...

9/25 (日)道の原典研究会案内

特大の台風が近畿地方に近づいています。なんと今年は台風の多い年でしょう。嵐の前の静けさといいますが、もはや静けさもどこかへ吹き飛んでしまった感がします。嵐のあとはどうなるのか、予知はできないのが人間の限界ですから、親なる神にお任せする他ありません。その中で、まさに”天の与え”というべき万能酵母液が日本全国にひろがっています。続きは会場で話し合いましょう。日 時:9月25日(日)午後1時~4時30分会 場...

8/25 (金)道の原典研究会 月例会案内

残暑というよりは今月も暑中お見舞い申し上げたいのが実感です。毎年夏のこどもおぢばがえりの最中がいちばん暑いと感じるのですが、それでも子どもは暑さに負けないほど元気なのでしょう。気候ばかり気にしていられない最近の社会事情の底には「生命への軽視」「生命への無知」が潜んでいるように思えてなりません。今こそ「元の理」が再認識されるべき刻限が到来しているのです。会 場:三島公会堂 1階 東会議室
   (天理...

7/25 (月)道の原典研究会案内

 梅雨の候とはいえないような激しい風雨が各地で吹き荒れている。天地が親なる神のからだとするならば、分裂し対立している人間の心が写し鏡になっているのではないかとフト思い浮かんだ。 これからの真夏の猛暑も思いやられる昨今だが、日々心勇んで通りたいもの。ともあれ暑中お見舞い申し上げます。会 場:三島公会堂 1階 東会議室
   (天理市三島町407/本部より本通り商店街を西へ徒歩10分
   又一呉服店の角を右...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム