ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

創作<折り紙童話>誕生の秘密

tuki-usagi_convert_20110105104612.jpg
"月のうさぎと赤のバラ”<折り紙童話「憲」> origamidouwa「ken」
(回文)「意欲と折り紙(神)が理を説く宵」=平山 憲子・作


 上にダウンロードした画像は、新年早々に携帯メールで受信した。これが初めての画像ではなく、ほぼ毎月1回ちがったテーマの折り紙童話が配信されるたびに、その見事な出来栄えに感心して観賞している。
 ちょうど今年の干支に当る「うさぎ」が主題になっているので、天刻サイトの表紙イメージに借用したいとお礼の返信をかねて作者に依頼したところ快諾を得た。
 しかし添付した説明文だけでは読者に十分理解できないことを恐れていたところ、作者ご本人から、折り紙の創作を始めた心境をメールで送って下さった。その経緯の一端は、3年余り以前に発行した私の著作『元の神・実の神』にも関連しているので、作者の了解を得て、画像とともにブログでお伝えすることにしたい。
 その前に、差し支えない範囲で作者を紹介すると、天理教平和の会で母上と知り合ったのがきっかけで、教会出身の著名な弁護士先生の父上ともお近づきになり、ゲストハウスでの小さな集会にも参加させて頂いた。その時お目にかかったのが美人三姉妹の長女にあたる<創作折り紙>作者であった。
 
「先生のホームページに私の<折り紙童話>が共存していて、感激の余り右往左往してしまいました◯母にも見せました」と、メールは書き始められている(◯は絵文字入り)ーー「思えば<折り紙童話>感激の年明け初ネットデビューとなりましたぁ!◯画面に穴があくくらい見つめてしまいました◯ーー(後略)ーー」
 少々◯が多過ぎてオーバーではないかと受け取られそうだが、<折り紙童話>のプロローグを伝えてくれている別のメールを読み返してみたい。
 
「微力ながら、折り紙童話のテーマであるお道の役にたてるなんてこんな嬉しい事はありません◯
 心身が辛かった時に、母から受け取り枕元に置きっぱなしになっていた植田先生の本が気になり、手にしました。それがきっかけとなり、また改めてお道の勉強がしたいと強く思い始め、みかぐら歌やおふでさき、おさしづ等を読み歌い、おつとめの練習を真剣に黙々と始めました。あの時の衝撃と衝動、感動を忘れません。天理へも久しぶりに帰り涙しました」

「毎日、みかぐら歌を声を出して歌いながら、天野街道をゴミを拾いながら散策しました。その街道は大阪狭山市にある自然豊かな街道です。日の出や日の入り、お月様、その他の自然を四季を通じて美しく感じることができます。その時に出会い撮影した、太陽や月、風や緑、影と光、タヌキやカタツムリ、天道虫、マクロからミクロの自然達のくれた写真が折り紙童話のストーリーにつながりました。毎日、太陽に月に手を振り、手を合わせ話をしました◯」

「そして私が今まで経験してきた様々な事もつながり始めました。
 まだまだ未熟で何の形にもなっていませんが、あの時間は一番辛い時でもあり、同時に神様を人生で一番身近に感じた癒しの時でもありました。」
「植田先生との出会いに,親のつけてくれた道に、心から感謝しています◯
 今でもあの時に感じた、不思議なパワーとインスピレーション、安心感を覚えています。すぐに忘れてワガママ心になるので◯神様の声が聞こえる様に、忘れない様に生きて行きたいと思います」
 
 以上、メールを中略しながら紹介したが、<折り紙童話>作者の心境は、たまたま昨年末に紹介した日本人特有の右脳と左脳の発見、つまり自然と一体化する感性の素晴らしい実例を見る思いがする。
 なお蛇足ながら、小著『元の神・実の神』の主題は、いのちの原点に立ち戻って「あなた(そして私)が今、そこ(ここ)に存在している不思議」を様々な面から表現することにあった。
 新年初めてのブログにふさわしい画像とメールを頂いたことを、何よりの喜びとしたい。と同時に、折り紙童話と同じように、彼女のボーイフレンドの中から生涯の伴侶が誕生することを期待したい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

大工さんへ 

何はともあれ、新年おめでとうございます。
コメントありがとうございました。

じつは、折り紙童話作者のお嬢さんとは、今まで個人的に会話する機会は一度もないのです。
これからも文章の力を信じてブログを発信して行きたいと思います。自分にはそれしか能がないと自覚してますから。
今後ともおつき合いの程よろしく。
  • posted by みさと 
  • URL 
  • 2011.01/07 09:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

みさと先生、明けましておめでとうございます。
折り紙童話のお話は、ほのぼのとした良い話ですね。
お道でもこうした横のつながりから、とても良い出会いがあるのは私も経験しています。
でも中には、高慢な教会長に苦しめられている教友もたくさんいて、悲しくなります。
  • posted by 大工 
  • URL 
  • 2011.01/06 10:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム