ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

続「息を引き取るご守護」の妨害=「平穏死」について

 若い読者にとっては「死」のテーマはピンと来ないかも知れない。縁起でもないという思いだろうか。家族の中に少なくとも1人や2人の高齢者はおられる筈だが。私としては黙視できないテーマなので、前回の補足と展開のために書き進めたい。
 
 現代の「駆け込み寺」ともいえる特養(特別養護老人ホーム)の入所者は、殆どが多少とも認知症になっている女性の超高齢者だから、特殊な事例と受け取るべきだろうか。たしかに80代から90代まで寿命があるのは、いわば天寿を全うしているだけでも目出度いと言わねばならない。
 もちろん最後まで家族とともに自宅で暮らすのが理想かも知れないが、認知症となり家族の世話取りが不可能な場合、特養に入所できる人は幸運といえるかも知れない。
 
 ところが、前回に書いた通り、これらの人々は平穏な死を迎えているとは言えない現実がある。医師の立場でつぶさに現実に対処してきた石飛幸三著『「平穏死」のすすめ=口から食べられなくなったらどうしますか』(講談社刊/2010)を Amazonに発注すると2日目に届いたので、早速一読した。
 現実の体験に裏づけられた問題提起をすべて紹介するわけにはいかないが、とくに強い印象を受けた点を整理してみよう。
 
 老衰による自然死は病気と区別するべきである。ところが医師は老衰による自然死の実際を教育されたことがなく、病気による死の防御しか知らない。医学によって人の生死をコントロールできると錯覚している。医学は延命至上主義だから、天寿を全うして生から死へのなだらかな下り坂を降りようとしている高齢者に無理やり坂を上がらせようとしている。一般に安全とされる点滴にしても、高齢者の衰弱した肉体には負担となり、肺水腫(肺の水浸し)を併発することもある。
 
 介護施設には常勤の医師がいないのが普通だから、危険な症状が出ると病院へ搬送しなければ、そのまま施設で看取るほうが本人にとっていいかどうかの判断はつかない。入所者が必要とする薬にしても、非常勤医が2週間に一度だけ処方した薬を毎日配るが、急な症状の変化に対処して薬を変えることはできず、介護保険と健康保険のタテ割り行政のために、保険の支払申請も別々になっている。

 認知症のある高齢者には嚥下(飲み込み)機能に障害が起こりやすく、食べ物が気管に入って肺炎になりやすい。この誤嚥性肺炎になって病院へ搬送された入所者は、口から食べる代わりに「胃ろう」手術を受ける場合が多いことは前回に報告した通り。全国で「胃ろう」キットは年に20万個の需要がある。
 医療施設では、延命する治療法があるのに差し控えることは法律に触れる恐れがある。本人の意志が分からない場合、治療を施さないと家族から見殺しにしたと訴えられる恐れもある。中には親の年金に頼っている家族は、一日でも長生きさせて年金を受け取ろうとする場合もある。
 
 この本には、オランダの介護ホームを見学した話が紹介されている。認知症の老人の口を開けて食べものを入れるのは、本人の食べたくない気持ちを侵害した行為と非難されるほど、本人の意思が尊重されている。
 ドイツでは介護ホームで死を迎えることは普通で、多くの場合、徐々に食事がとれなくなって衰弱してくると「老衰」と判断され、そのまま見守っているうちに静かに息を引き取る、と報告されている。
 デンマークでは、自宅で死にたいと意思表示すれば、殆どその願いが叶う。水が飲めなくなれば、点滴もせず延命策はとらず病院へも運ばずに死を迎えることができる。
 
 著者の石飛医師は最後に書いている。
「老衰のため体に限界が来て、徐々に食が細くなって、ついに眠って静かに最後を迎えようとしている人を、どうして揺り起こして、無理矢理食べなさいと口を開けさせることができましょうか。現場を知っている者からみると考えられないことです。もう寿命が来たのです。静かに眠らせてあげましょう。これが自然というものです。これが平穏死です」
 また別のページには「平穏死というのは穏やかな、自然な、いうならば神の意志による死」という表現もある。(下線は筆者による)

 以上の現実は、認知症のある高齢者だけの問題ではない。認知症の本人は意思表示できなくても、家族が本人に代わって延命治療を拒絶することができる。いま私は意思表示できると思っていても、いざという時に意識不明になる可能性もある。
 2009年に厚労省から各都道府県知事に出されたガイドラインを見るとも、本人または家族の意思を尊重する方向が打ち出されている。政府にしても、延命治療に掛かる莫大な医療費を削減したいという意向がある。社会の動きはその方向に進んでいる。
 
 いずれにしても、高齢および重症になって健康回復の可能性がなくなった場合、不自然な延命治療を拒絶する意思表示を今から明確にしておくに越したことはない。その方策として、行政書士に依頼して「公正証書」を作成すれば確実といわれるが、そのための費用は数万円かかる。「遺書」は死後の処置について意思表示するのが目的だから、まだ存命状態にある延命については有効ではない。
 
 とすれば、「息を引き取る守護」を信じる立場から、ムダな延命治療による「切る理」の妨害を拒否する意思表示を明確にしていくことができる。その前提として、命は一回限りではなく生まれ替わり出直しする教えを伝えることが大切となる。それは、このブログからリンクしている「遠い記憶・前世との約束」にもつながっている。「かしもの・かりものの理」を真底から心に治めるとともに、「平穏死」への望みを通して「にをいがけ」する機縁ともなるだろう。
 最も適切な方法で「平穏死」を望む会員募集の運動を起こすことはできないだろうか。人権尊重の立場から運動を続けている「尊厳死協会」のように、一般社団法人の認定を受けることも考えられるだろう。今後、われと思わん有志と意見交換しながら具体化していきたい。
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

529さんへ 

早速にご家族としての体験をもとに賛同のコメントを頂き、まことに心強い次第です。やはり義母様が「胃ろう」の手術を受けられたのですね。それでも最後はやすらかに息を引き取られたようで何よりでした。私も母がやすらかな死顔だったことが何よりの救いになっています。
私たちが平穏死を望む運動をするとしたら。単に自分の意思や人権ではなく、あくまで信仰の自由と信念を守る決意であるべきでしょう、まず教内のようぼく・信者の中で賛同者を募るとともに、教外へ向かっては具体的な目的をもって教理をひろめる「にをいがけ」となり、社会的な反響を呼ぶことにつながると信じています。
今後ともねり合い談じ合っていきたいと願っています。
  • posted by みさと 
  • URL 
  • 2010.07/23 09:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

続「息を引き取るご守護」の妨害=「平穏死」について 

約4年前に一人暮らしが困難になった義母と一緒に暮らしはじめました。難病を持ちながらもデイサービスに通いそれなりの生活が出来ていたのですが、かねてより医師から言われていた症状が進み、嚥下障害が出はじめました。まだ元気な間に胃瘻をしておいたほうが良いとの助言から踏み切りました。しばらく調子も良かったですが、結果としては難病が進み口からはもちろん、胃瘻さえも使用できない状態になり、やがて人工呼吸器の選択を迫られたのですが、家族としては自然死を選択することに至りました。家内も義弟も苦しむのを見ているのも辛かったし、義母自身も延命を望みませんでしたので、管を沢山つけられるようなこともなく、家族に見守られてやすらかな顔で84歳の最後を迎えられ、今となっても悔いもなく有難かったと思います。

私の父は89歳で85歳の母と私の留守中教会を守ってくれていますが、先日は急性肺炎で救急車で運ばれ入院しました。有難いことに一週間で元気に復帰させてもらいました。この父が10年ぐらい前から言っていることに、人工的に命を保っている植物状態の多くの老人を見てきたせいか、「自分のときは決して余計な延命措置をしてくれるな」とハッキリ言っています。

仮称「平穏死を望む会」
大いに賛成です!
何か御手伝いが出来るとうれしく思います。


  • posted by 529 
  • URL 
  • 2010.07/22 23:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム