ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

7/25 月例会報告をかねて

7/26 雛型かんろだいの倒壊事件再発

おぢばの雛型かんろだいが7月26日夕勤め前に一青年によって倒壊されました。
この情報の第一報はその直後、本部在籍者の一知人から電話で知らされました。
夜には京都市内の教会長(教友)からもCメールで通知がありました。

その後、ちょうど現場に居合わせた教会長から間接的に聞いた事実を含めて報告しますと、ぢばへ青年(32または36歳?)が飛び込んだ瞬間に気づいた本部詰員の先生が停めに入ったところ、青年が暴れて教服を破られ制止できないまま2段から上のホゾが破壊され修復不能になっているとのことです。動機は不明です。
ちょうど2段まで石が積まれていた明治15年に回帰したことになります。

青年が所属していた系統も聞いていますが、それは公開する必要はないでしょう。十数年前にも一青年の跳び込み事件があり、かんろだいが倒されましたが、その時は修復できる状態であったため間もなく建て直されたと記憶しています。

今回は「こどもおぢばがえり」の初日にあたり、本部にとって大きな節であることは間違いありません。私的な悟りとしては、明治15年に戻って新しく再出発するべき刻限を知らされたものと受け取っています。

 その前日25日には、いつもと会場を変更して(こどもおぢばがえり行事への遠慮もあって)集まった参加者は15名(うち女性1)で、いつもと違ってコーヒーや完熟トマトのサービスもあり、大いに盛り上がりました。

 当日のテーマとして「緊迫する米朝情勢」については、相変わらず日本政府は米国を後押しして北朝鮮に対する圧力強化を主張し、ミサイル攻撃を想定した避難訓練をPRているのは、支持率回復や軍需産業に有利になる緊急事態を期待しているように受け取れます。したがって、今の状態で緊急事態が発生することは日本の立替え立直しには結びつかないと思われます。

 2番目のテーマに挙げた「天然野菜療法」については参加者のY氏から説明があり、東京の麻生病院の食品免疫学専門の立場で昔から勧められている療法で、米国ではハーバード・スープと呼ばれている食事療法のこと。カボチャ、タマネギ、ニンジン、キャベツ(各100g)の4種を適当な大きさに切り、皮のまま1ℓの熱湯で30分ほど加熱すると、皮がやぶれて養分が外へ出てくる、その液を根気よく飲むことが大事で、ガン細胞を抑制する作用があるとのこと。(6/29TBS朝チャンでも放映された)

 その他、自由発言ではいつもの通りケンケンガクガク多いに盛り上がりましたが、とても要約できないので省略します。
 すべての武器を捨て暴力のない世界にならなければ陽気づくめの世界に立て替われない、それまでに最後の戦乱と悲劇を越えなければ目覚めることはできない、と主張する岩井顧問の理想論を無視することはできないでしょう。

(参考)
 上記の通り7月26日におぢばの雛型かんろだいが倒壊し、明治15年と同じ2段になった状態から再出発するための参考として、十数年前にある教会の依頼を受けてまとめた
「かんろだい問答」
と題する資料ファイルを添付送呈します。その内容は教外の方々にも理解できるようにとの趣旨からまとめたものです。現時点では最も詳細な内容(図解つき)になっていると公言できます。
 よろしければ下記メールアドレスに連絡してくだされば添付して送呈します。
genten505@gmail.com 植田
(ただしA4版pdfファイルで20頁ほどの分量なので、スマホよりはPCでダウンロードする必要があると思われます)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2017.08/01 02:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム