ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

東日本大震災から丸6年

 東日本大震災から丸6年を一日過ぎてしまいました。未だ行方不明のままの犠牲者が2500人以上もあると知って驚いています。
 そしてNHKラジオ深夜便では10日の深夜から「震災怪談−被災地の本音をどう語り継ぐか」のタイトルで怪談作家・黒木あるじ氏の対談が放送されました。たまたま目を覚まして聞くともなく聞いたところでは、福島の海岸沿いの被災地では、犠牲となった身内の霊が家族の側を訪ねて声をかけたり、携帯電話で知らせたり、姿を見せたりする実例が直接取材しただけでも20数例になるということです。
 そうした現象があっても不思議ではないし、そうした体験をした遺族は何かしらの安らぎを覚えるに違いないと私は感じています。

 一方、被災地から離れた土地へ避難したまま仮住まいしている被災家庭の子どもたちがさまざまな「いじめ」を受けているとの情報には怒り心頭に発する思いをさせられます。
 自分の意志で被災したのではないのだから、家族には何も責任はない、にもかかわらず被災家族にお金の無心をしたり、嫌がらせの言動を浴びせるのは「弱い者いじめ」の卑怯な態度以外の何ものでもありません。昨今の日本では、そうした行為が平気で横行しているのは、心の堕落としか言いようがないでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム