ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

10年前のメルマガ<心のテープ>について

 メルマガ<心のテープ>アーカイブ(一部再録のいきさつ)

 2007年8月から2009年12月まで2年半にわたって私は週一回メルマガ<心のテープ>を無料登録して下さった100名余の読者向けに限定して配信していました。
 ところが、Yahooメルマガ のサービス中止により閉鎖の止むなきに至り、それをきっかけに2009年末からFC2へサイトを移動して、その後ブログ<原典からの出発>と改称して発信を続けています。
 筆者としても愛着のある懐かしい記事が沢山あるので、その一部をここで投稿することを了解してくださるようお願いし、よろしければ私と一緒に読み返してくだされば幸いです。
 メルマガ創刊号と2号は異色の教祖伝記小説『大和の神楽歌』(村松梢風・作)の紹介です。
 中山みき教祖の生涯を描いた「大和の神楽歌」が出版されたのは昭和18年、今から73年前の大平洋戦争の最中でした。2段組の小さな活字で206頁あるので、相当な長編伝記小説といえます。
 戦後の昭和44年にも再版されていますが、今ではこの本を入手することは難しいでしょう。
 
というわけで、10月から公開し始めたFacebookページ=天理と生命の真実を求めて(リンク)で村松梢風作『大和の神楽歌』の初節のコピーを添付しました。
 私としては、できるだけ広く有効に「原典」にもとづく教理を拡散したいとの思いからの再出発のつもりです。

 その後もメルマガ<心のテープ>アーカイブとして、
<3号>「憩の家」で河合隼雄氏(元・文化庁長官)が永眠  配信日:2007/8/16
<4号> 身上と出直しをめぐって  配信日:2007/8/23
<6号>「道の後継者講習会」始まる  配信日:2007/9/6
 などを再録・公開しています。思えば、ちょうど10年前の教祖120年祭直後の時期に当たるので、感慨ふかいものがあります。この10年間の天理教はどのような教勢をたどったのか、今後はどうなるのか、それこそ「原典」(原点)に還って本気で思案しなければいけないでしょう。

 重ねて申せば、これからはこのブログと連動してFacebookページ=天理と生命の真実を求めて(リンク)を拡大再生産していきたいと決心していますので、この上ともご理解ご協力をお願いする次第です。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム