ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

10/25 月例会報告

さまざまな「刻限」のきざし

 秋の大祭前日にあたる25日、天理市内は車の通行が増え本部の周辺は通行止めになる。今年も例外ではなかったが、教祖百三十年祭とは違って空きのある駐車場もあった。とにかく26日直前だけ親里は賑やかになる。一方、本通商店街で売行き一番の吉川屋こんぶ店が三島本店を除いて他の支店は閉店するとの話も耳に入ってきた。
 他に多くの行事や予定のあるなか月例会の参加者は16名(うち女性2)であった。原典研究会と銘打っている以上、原典を拝読するのが原則なので、配布資料として『原典を元とする理の研究』から「さしづ・刻限の理」の項目(36~42頁)をコピーして配布した。その中から一部分を引用すると、
<・・・日本の国には古来から、非凡な人が死後に神として祀られ、また巫女(みこ)や修験者が神霊の言葉を取次ぐ慣習があります。したがって、神と人との明確な区別がなく、神は八百万(やおよろづ)といわれるほど数限りなく自然の下にあって人を助けてくれる存在として受け取られるわけであり、この世人間の元こしらえた親神が絶対の立場から天啓を通して人間に「さしづ」することは、かつてあった試しがなかったのです。そうした日本人の慣習的な神の受け取り方は現在も私たちの無意識の中に残っていないとは言い切れないのです。
 要するに、神意に対して自分を無にして添い切るのではなく、自分にとって都合のわるい神示、無関係な神示を全部聞き流し、都合のよい「さしづ」だけを受け容れる態度、神一条に自分が近づこうとするのではなく、神を小さな自我の枠の中に閉じこめて、それが信仰と思い込んでいる態度は、まさに親神が表にあらわれて元の理を説き明かされる以前の神々に対する信仰の態度と変わることはないのです。>(原文の一部を修正)

「さしづ」には「刻限さしづ」と「伺いさしづ」の区別があることは周知の通りです。 とくに「刻限さしづ」は身上・事情の伺いさしづと違って、旬々に心すべき神のプログラムあるいはスケジュールを先に知らされた啓示であり、見えん先からの預言が中心になっている。
「刻限の理というは、違うという事は一つも無い。どんな事もこんな事も一つの理に止まる」(明治22.11.6)
「直ぐに知らすも刻限、一年先で知らすも刻限、三年先で知らすも刻限」(明治27.10.9)
「刻限の理を何ぼ知らせども、どうもならん」(明治22.10.9)
「濁りに濁りて、又濁りて何度も読み返やさんならんやろう」(明治23.9.3)
「何ぼさしづ貰うてもさしづをくるくる丸めて何にもならん」(27.6.17)
 このように枚挙のいとまがないほど、さしづ・刻限の理についての啓示の殆どがきびしい内容を表されている。これが過去のことであれば致し方なかったと見過ごすこともできるだろうが、現在も同様に刻限さしづに関心うすく読まず語らず棚上げしてしまっているとすれば、これらの神示はそのまま私たち自身に向けられていると言わざるを得ないだろう>(引用おわり)以下、例会当日の議論の一部を要約しておきたい。

 国際関係は急変しようとしている。ロシアのプーチン大統領は最近第三次世界大戦が切迫している、と西欧の記者団を前に警告を発している。いずれロシアは欧米からテロ攻撃を受けることを察知して、やがて核戦争への拡大を想定し、数千万人の国民を対象として核シェルターに避難する訓練を始めているという。
 事実、米国の軍産複合勢力は10年に一度戦争を起こして武器を消費しなければ成り立たないという。シリアの内戦もイスラム国の成立も、その陰には米国の陰謀があるという情報は常識になっている。ここ70年間アメリカはまさにその間隔で戦争を繰り返しつづけている。
 しかし未来の戦争は電子戦争となり、海底ケーブルの切断による情報ネットワークのかく乱で勝敗が決するのではないかとの意見も出た。とすれば、今も衰えを見せないテロは別として、未来の戦争は血なまぐさい武力衝突ではなく、一瞬にして戦わずに勝敗が決することになるとの結論になった。
 アジアでは中国や北朝鮮との関係が重要なかなめとなる。過去に中国や朝鮮をわがものにしようとしたのは日本の側であった。いま中国が国境を接したチベットに対して今も武力で圧力を加えているからといって、将来の日本に対して同じ挙に出るとは言えない。
 そんな話題が出ていた時、終戦後にソ連兵が侵攻してきた満州を脱出して帰国したUさん(女性・81歳)が参加され、どんなに多くの悲惨な死者や被害者を目の前で見たかを語られた。「戦争はキチガイのしわざ」とも断言された。

 中近世史以来、日本の天皇は歴史を通して武力で権力を握ろうとした事は無かったといえる。その意味でインドのガンジーよりも古く無抵抗主義の元祖であり、今に至るまで武力で天皇の権威を継承してきたわけではない。京都の御所は幕藩の城とちがって全く防備はない。皇室は武力に依存せず今に至るまで滅びることなく延々と続いている。昭和天皇は戦争に責任はないとは言えないが、戦後マッカーサー司令官と面会された時、自分はどんな処遇を受けても命に代えて国民の食糧難を救ってほしいと希望された態度がマッカーサーの心を動かしたと伝えられている。
 現在の天皇が「国民全体の象徴」に徹して平和主義を守ろうとされている態度も立派である。親神の立場から申しても、一れつ兄弟の人間が殺し合うことを望まれるはずはないし地球上に国境はないはずだ。

 万能酵母液の情報としては、anemoneという表題の大型雑誌11月号に酵母液つくりの元祖.堂園仁(どうその・ひとし)氏の「驚異のパワーを秘めた手作り万能酵母液」と題する解説が6頁にわたって掲載されているが、10日も経たないうちに売切れになっている。月末には単行本も出る予定。また体験として、半月ほど飲みつづけているうちに髪の毛が黒くなった人が多く、体調も上々との話題が出た。
 なお病身の人は最初のうちムクミその他の異常反応が出ても、それは体内に溜まっていた毒素が排出される過程だから心配はない。私自身としては数日前に2ヵ月ぶりに受けた血液検査の結果、これまで服薬が必要であった数値がいくつも好転して正常値に近づいている。医薬の進歩と並行して病人も増えつづけている現状を救う天の与えと受け取ることができる。これも偶然ではなく「救いの刻限」といえるのかもしれない。
(追記)
「万能酵母液」について詳しい情報を希望される方は下記メールあてにお問い合わせください。
 genten505@gmail.com  植田

 



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム