ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

主 な 著 作 一 覧 


  植田義弘(2016.9.18現在)

みさと編集室発行文書(品切れの場合はpdfまたはwebファイル作成)
 おさしづに啓示された理の研究:全6部(総877頁/メールで受注=残部僅少)
 人体をモデルとする組織論(webファイル/メールで受注します)
 教祖ひながたと現代(pdfファイル/171頁・メールで受注します)
 かんろだい問答:全4章(webファイル/ブロマガ)
 天理教の歴史と現実(pdfファイル/11頁/ブロマガ)
 元の神・実の神:全4章(pdfファイル/120頁/ブロマガ)
 子育ては胎内から=胎教の再発見(webファイル/ブロマガ)
 よろづいさいのもと=よろづよ八首を思案する(webファイル/ブロマガ)
 (以上ブロマガ登録ファイルの詳細は下記サイトで)
   http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/?blomaga
 
一般出版図書(ブログの説明およびコメントを参照してください)
 中山みき:秘められた大預言(262頁/学研刊/2012年/メールで受注)
 中山みき:泥海古記の真実(230頁/学研刊/2013年/メールで受注)

電子図書(3点セットで特価提供 →ブログ<原典からの出発>の右フレームに説明あり)
 原典を元とする理の研究(天理フォーラム刊/1988年改訂3版/230頁)
 新版・飯降伊蔵伝(植田英蔵 著/善本社刊/平成7年刊/178頁/版権所有)
 天理教の虚像と実像(北沢 元 著/心交社刊/平成元年刊/230頁/版権所有)
 われ疑う、ために脳あり(facebookpage に発表予定)

その他の発表文書(HP<天理と刻限>に収載
 親なる神を信じる3つの理由
 立替えの必然的な道すじ
 私たちのくらしと情報化(日本情報処理開発協会公募論文・最優秀賞受賞)
 泥海古記をめぐる弾圧の歴史

未発表作品
 「縄文のつぼ」超古代ファンタジー

SNSネットワーク
 ブログ<原典からの出発> http://tenkoku0805.blog9.fc2.com
 ブログ<未来をひらく生命の哲学>http://mannen130.blog.fc2.com 
 ホームページ<天理と刻限>
  http://www.geocities.jp/tenri_kokugen/
 ホームページ<戦争を語りつぐ証言集>
  http://www.geocities.jp/shougen60/
 Twitter<天理みさと>https://twitter.com/misato1932
 Twitter<万年哲学>https://twitter.com/mannen130
   Facebookpage<天理と生命の真実を求めて>(準備中)

(以下、命あるかぎり前進するのみ)

◉お問い合わせメールアドレス= genten505@gmail.com
 








関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事