ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

六ヶ所村の核燃料サイクルは「神話」だった

 先日3/3夜のABCテレビ「報道ステーション」で驚くべきスクープが報道された。というのは、日本が国策として進める“核燃料サイクル”。しかし、高速増殖炉『もんじゅ』の相次ぐトラブルなどで、実用化は2050年に先送り。青森県六ケ所村にある再処理工場も本格稼働には至らず、建設費は当初計画の3倍、2兆2000億円に膨らんでいる。実は、国と電力会社は2003年に再処理からの“撤退”を検討していた証拠が出てきたのだ。

「報道ステーション」は上記の事実を明らかにする証拠文書を最近になって入手した。それは青森県六ヶ所村で前世紀末から建設をつづけている核燃料サイクル施設が、すでに完成は不可能とわかりながら、国と電力会社の双方が責任の押しつけ合いをした結果、2006年に廃止にするべき結論を先延ばしにしながらズルズルとムダな予算を浪費して現在も事業を継続しているという。その経過が入手した極秘文書の中にはっきり記述され証拠として残っている。

 計画廃止の結論がウヤムヤにされた裏に大物政治家の発言が大きな影響を与えていることも明らかになった。おそらく原子力ムラの有力者に違いないが、核燃料サイクル施設が永久に実現できなくてもいいから、いつか実現するという「神話」を壊してはいけない。「神話」がなくなれば原子力発電所の存続自体が危うくなる。六ヶ所村からも契約無効を理由に全国の原発から運ばれてきた使用済み核燃料を元へ戻せと主張するにちがいない。「神話」がある限り国民に税金を払いつづけさせることができる。
 かくして現在の試算によれば、過去・未来にわたって19兆4千億円のムダな予算が必要となるという。その予算は国民の電気料金に上乗せされつづけることになるのは言うまでもない。

 まさに「神話の復活」というべき事態が明らかになると、少年期に戦前戦中の日本に生きていた私としては、同時に大東亜戦争の「必勝神話」を思い出さずにはいられない。その必勝神話を国民に信じ込ませたのも、当時の政治権力を握っていた軍部であり官僚であった。客観的に「必勝」になるはずのない戦争を莫大な戦時国債と国民の生命財産を犠牲にしてトコトン無条件降伏に至るまで止めなかったのだ。しかも当時の報道関係者はすべて軍部権力の言うがまま為すがままに服従して「必勝神話」を宣伝した。

 ここまで書くと、70年前の過去と現在がみごとにダブって見えてくる。私が何を言いたいかは、すでに想像がつくにちがいない。時代こそ違っても、政治権力と中枢官僚とマスコミは、同じ穴のムジナであり、今もなお国民を騙しつづけているのだ。国民一人ひとりが目覚めて現実を疑い、怒りの声をあげない限り、正当な電気料金に前記のムダ予算19兆円超を上乗せして支払い続けるだけでなく、環境や生命まで危険にさらすことになるにちがいない。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム