ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

8/25(火)道の原典研究会 例会案内

 戦後70年で持ち切りの日々

 毎日の新聞・テレビ・ラジオに至るまで、戦後70年特集と呼ぶべき
さまざまな記事や番組が目白押しに並んでいた。
それは他人事ではなく毎年8月になると、私あてに戦争体験者の紹介
について複数のマスコミから電話やメールが入ってくる。今年も8月
10日前後には二度新聞社からの取材を受けて協力することになった。
ところが教内はまるで戦争などなかったかのように、あるいは戦争が
が起こっても関係ないかのように教祖130年祭だけに集中している。
しかし、明治から戦後に至るまでの60年間、原典を手に取ることを
「上・高山」(横暴な政治権力)から禁圧されていた応法の道の歴史
があった。その歴史を忘れないためにも戦争を語りつぐことに意義は
あると信じてやまない。
ちなみに 他のHPサイトで7年前に公開した一文が、 現在の情勢と
関連が深いので、ここでリンクしておきたい。ぜひアクセスして一読
してくださることを期待している。
「上・高山」が「まま」にした横暴の歴史

日 時:8月25日(火)午後1時~4時30分
会 場:三島公会堂 1階 東会議室(今月からいつもの会場に戻ります)

   天理市三島町407/本部より本通り商店街を西へ徒歩10分

   又一呉服店の角を右へ50m右側の建物/道の北側に広い駐車場あり

テーマ ブログ記事の補足と質疑応答
   「泥海古記」70年前までの受難の歴史
    教理の研究や実践についての建設的ねり合い
   「未来に向かって考えるセミナー」案内(主催者からの説明)
   
参加費 1人500円(会場費、茶菓代、配布資料を含む)

個人相談(担当=岩井 猛 顧問)

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム