ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

メルマガ・アンコール(その6)

 アンコールでお茶を濁すつもりはないのですが、左欄のプロフィールや少年期の戦争体験にも関係ありますので、下記のメルマガを再掲することをご了解ください。このメルマガのように、身近な話題のほうが気楽に読んで頂けることは承知しているのですが、つい深刻なテーマに関心を抱いてしまうのです。

(19号)58年目の同窓会   配信日:2007/12/6
 58年目という意味は、昭和24年に天理高校卒業後の年数で、5年ぶりに同じクラスの仲間たちだけの同窓会が先月27日にありました。久しぶりだったので、20名の出席者が集まりました。
 会場は大阪心斎橋のビル11階にあるレストランで、窓のない空間を迷路のように仕切った大小さまざまの部屋は、どこも満杯のようでした。
 
 天理高校出身だから、みんな教会には何らかの縁があったのですが、今では教会に直接つながっているのは、ほんの数名に過ぎないようです。
 自己紹介を聞いていると、大多数は囲碁や旅行など趣味を楽しんで老後を過ごしているようで、教会に関わっている者にとっては羨ましい思いがしました。
 もちろん、みんな隠居して遊んでいるのではなく、何かの形で社会に寄与しようという気持ちはあり、中には精神障害者の家族をつなぐNPOを立ち上げて大活躍しているクラスメートもいました。

 話が戦争中のことになると、極度の食糧難の状態での寮生活が話題になります。自分の身長が伸びなかったのは、少年期の食糧不足に原因があると、戦争を恨んでいる者もありました。事実、伸び盛りの中学一年生の身長が、敗戦直前の半年ほどの寮生活の間に、逆に縮んでいったのです。
 一方、昔から粗食に耐えてきたおかげで、今も健康でいられるのではないか、と感想をもらす者もいました。

 遅れて来たT君は、同級生の中ではいわゆる“出世頭”で、大阪市長選の自民党選挙対策委員長を務めていたとのこと。戦後間もなく大阪市内で経営に乗り出した賃貸マンションが今では数百戸になり、全国賃貸住宅協会理事長も務めていました。今でも家賃には消費税は掛かりませんが、彼の努力の結果、最低限の生活を保障するために家賃が無税になったのです。
 
 私は自民党の支持者ではありませんが、かねてから彼の見識には敬服しています。 20年前のバブル最盛期の当時、土地建物がウナギのぼりに高騰する中で、天の理に反したバブル経済が長続きする筈はなく、必ず数年後には崩壊するという予測を業界紙に発表し、土地投機には一切手を出さなかったのです。
 彼の予測が的中し、不況のため倒産する会社が続出する中で、彼の会社は健全経営を続けることができたのです。
 
 じつはT君は教会の長男に生まれたのですが、世襲する考えはなく、役員に後を継いでもらって、経済的に教会を支援する立場を続けてきたと聞いています。
 その日、彼と話し合ったところでは、天理教に強い危機感と憂慮の念を抱いていました。会長を役員に譲った彼の教会は、次の後継者になる人がいない状態になっている。それは彼の生まれた教会だけではなく、天理教全体の組織のあり方に問題があるからだ、と語っていました。
 今のままでは末端の教会を継ぐ後継者は少なくなるばかりで、新しく入信する人も殆どいなくなるだろう、とも予測していました。
 
 彼は前々から私の著書を読んで評価してくれているので、同窓会の翌日、彼の意見に対する回答のつもりで、小著『元の神・実の神』をメール便で送呈しました。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム