ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

不思議な出会いの実話(その3)

映画監督と海軍将兵の縁は天理で結ばれた


(奈良県の橿原神宮境内にある慰霊碑)

 3年半ほど前になるが、広島出身の新藤兼人監督が100歳で永眠された。夫人は先に故人となった女優の音羽信子さんで「原爆の子」など数々の名画を世に送り出した名監督であった。98歳の時、自ら遺言と語った反戦映画「一枚のハガキ」を車いすの上から監督した。戦死した兵士の夫人役で主演した大竹しのぶの名演技が光っていた。

 この「一枚のハガキ」については、2010年11月9日 付のブログで、若き日の新藤監督が天理市と珍しいご縁があった経緯を後日談として記録している。その証拠に、映画「一枚のハガキ」の冒頭シーンには本部南礼拝場の真っ正面からの映像が大写しで出ているのだ。
 そのわけは、戦争末期に後の新藤監督が天理市内の高安詰所(当時は予科練の司令部)で軍隊生活をしていたからで、その時の予科練部隊の上官(10歳年下で戦後ようぼくになった)と終生にわたる交流があり、その上官が映画の始めに本部の写真を映すようにすすめたという裏話がある。

 世にシンクロ現象というものがあるのは常識になっている。故・新藤監督と海軍時代の上官と、数年前にその年老いた上官の戦争体験を取材した私と、ふしぎな縁のつながりを感じたものだった。ここでその実話を重ねて繰り返すよりは、新藤監督を追悼する意味をかねて、2010年11月9日に発信したブログの記事をリンクしておきたい。
「新藤監督(98歳)最後の反戦映画を製作」
 また真珠湾奇襲に出撃した空母に乗組んでいた元海軍兵士の証言は2009年7月26日に取材し、<戦争を語りつぐ証言集>サイトにリンクしているので是非ごらん願いたい。
「空母<瑞鶴>と運命を共にした海軍兵士の回想」

(付 記)
 上記にリンクした<戦争を語りつぐ証言集>は、10年前の戦後60年の節目に思い立ってボランティアで取材・編集・開設したサイトで、男女を問わず年齢順に150名以上のナマの戦争体験記録を収録・公開しています。
 天理教内は別として社会的には広く認知され、福祉財団から助成金を受け、毎年8月が近づくと複数のメディアから証言者に取材希望の問い合わせを受けています。





関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム