ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

道の原典研究会 月例会の案内

いよいよ夏本番の季節到来です、
6月から快適な会場に変更し、心機一転して再出発しています。
先月は初参加を含めて23名の参加がありました。 
今月は「こどもおぢばかえり」のため時間が取れない方もあるで
しょうが、ご都合つく限り参加して下さることを期待しています。

日 時:7月25日(金)午後1時~4時30分
会 場:三島公会堂1階
   
   (天理市三島町407/本部より本通り商店街を西へ徒歩10分

    又一呉服店の角を右へ50m右側の建物/道の北側に広い
    駐車場あり)



参加費:1人500円

(茶菓、資料コピー、会場費を含む)

テーマ:ブログ記事の補足と質疑応答

    原典の基本的学習
 
    今後の予定と運営について
 

    個人的相談
(なるべく第二会場で)

備 考:閉会後、希望者のみ山間の閑静な第二会場に案内します。
    その場では、蔵書として約200冊の寄贈図書や他所では
    見られない貴重な教内資料を閲覧・貸出しいたします。



急なお問い合わせ:携帯=090-5051-1243(植田)  以上




関連記事
スポンサーサイト

Comment

hachi さんへ 

宿泊の件、Kさんに連絡すみです。承知しましたとのことです。

3625の解釈はちょっと飛躍を感じますが、10月26日は偶然の一致とは思えませんね。くわしいことは25日の会場で話合いましょう。
  • posted by みさと 
  • URL 
  • 2014.07/24 21:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

「道の原典研究会」 

25日の第2会場での宿泊希望です。私一名。

以下の記事を見て、ぞぞぉーとしました。
そして3625とは、2036年2月5日かなとふと思いました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E3%81%AE%E6%97%A5
日本の「原子力の日」は毎年10月26日で以下に示す出来事を記念するために1964年7月31日に閣議決定によって制定された[1][2]。
1956年10月26日 - 日本が国際連合の専門機関の一つである国際原子力機関へ参加した。
1963年10月26日 - 茨城県東海村の日本原子力研究所の動力試験炉 (JPDR Japan Power Demonstration Reactor) が日本で初めての原子力発電に成功した。
以前は、4月18日の発明の日を含む「科学技術週間」のうち1日が「原子力デー」とされていたが、「原子力の日」として分離独立した。[3]
毎年この日には、原子力に関係する機関や企業等で記念行事が行われている。
  • posted by hachi 
  • URL 
  • 2014.07/24 13:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム