ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

近況報告と月例会ご案内

数日前に丸2ヵ月ぶりに退院して帰ってきた。したがってブログ更新も、入院以前からの体調不良の日々を入れて3ヵ月近くぶぶさたしたことになる。とは言っても、完治したわけではなく、アフターケアが必要な状態は続いている。
 82歳の後期高齢者とはいえ、自分の運動不足と不摂生の結果に違いない。ご心配かけたに違いない読者諸賢に心からお詫び申し上げたい。

 しかし、後悔しても人生のテープを巻き戻すわけにはいかない。心さえ健康であれば、身体の健康も保障されるという信条は自分勝手な思い込みに過ぎなかった。体の構造は動くために創られているのだから、運動しなければ衰えるのは当然なのだ。見舞いに来てくれたようぼくから、過度の塩分が健康に悪いのは海水によって金属が腐食する現象に似ていると教えられて「なるほど」と納得した。塩辛いおかずを食べつけていると、血管がボロボロになり高血圧になるのは当然の結果といえる。

 去る3月11日、思えば東北大震災と同じ日、前日からの体調不良がさらに悪化して、ついに救急車で「天理よろづ病院」へ運ばれた時からほとんど記憶が空白のまま意識不明となり、3日後に気がついた時は集中治療室のベッドの上であった。手も足もまったく力が抜けて動かない状態であった。その姿を見た人から「この患者はダメだろう」と思っていたと後で聞かされた。その本人が歩行器にすがりながらも歩いている姿を見て正直びっくりしたという。
 今も救急入院直後の数日は全く記憶にないのだが、医師の診断によれば、病名はコレステロール塞栓症による急性腎不全と心不全のダブル症状であったという。何でも腎臓の働きがわるくなってカリウム(ミネラルの一種)が排出できなくなると心臓が不整脈をおこし停止に至る。私の症状がまさにその末期状態であったらしい。

 ともあれ、今後は命あるかぎりムダにしないよう、原典研究会の基礎を固めたいと思っている。そのためのプランを練っているので、今月の例会で相談したい。
 過去をふりかえると、自分は「病気の問屋」のごとく、20代半ばの肺浸潤から始まって七つか八つほど違った種類の身上になり、そのたびに人生の転機を迎えている。それらの履歴も洗いざらい書いてみたい。あの世をかいま見た今回の身上でも、思いがけぬ有難い結果を見せて頂いたのだが、具体的な事実については、いずれ後日に報告することにしたい。

5/25 <月例会のご案内>
今月25日の月例会には3ヵ月ぶりで出席したいと願っている。ムリはできないので途中で失礼するかも知れないが、今後の例会のあり方や会場の自主的な変更などについても発案する予定を立てている。

◆日 時 5月25日(日)午後1時30分~5時
◆会 場  中和詰所4階
      1階ホールからエレベーターで4階まで上がった
      案内板に部屋番号を記した紙を貼っておきます。
      (当日まで部屋番号未定のため)事務所受付で
      「みさとの部屋」と聞いて頂けば確認できます。
  (所在地)〒632-0035 
      天理市川原城町350 中和詰所/TEL 0743-63-4166
     (天理市役所西の交差点を本通り商店街の方向へ30m)

◆参加費  500円(資料代・茶菓代含む)

◆テーマ *原典研究会の今後の発展的プランについて
     *逸話集にない教祖直々のお言葉(資料配布)
     *教祖50年祭写真集(唱和11年)回覧
     *最近の社会・政治情勢について
     *後半の1時間は個人相談に当てます
      
◆お問い合わせ、およびご連絡は、下記メールアドレス又は携帯へ
 genten505@gmail.com/090-5051-1243 植田


関連記事
スポンサーサイト

Comment

読者へのお礼 

読者のみなさんへ
いつも「みさとブログ」を開いて読んでくださり感謝しています。
長らくごぶさたしてしまい、ご心配かけたことと思います。

信条を同じくする者として、お互い心の支え合い、励まし合いすることが神意に適っていると信じます。

私の心から離れない「おさしづ」の一節ーー
「互い/\知らし合い、互い/\の研究諭し合い道という」
                         (明24.11.25)
今後ともおつき合いの程よろしくお願いします。
  • posted by みさと 
  • URL 
  • 2014.05/27 08:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

お元気そうでよかったです 

植田先生はじめまして

いつもブログを読ませていただいております。
また、先生の書籍も数冊読ませていただいてきまいりました。

最近更新がなかったものですから
心配しておりましたが、やはり入院されていたのですか。
大変な身上だったようですが、
歩けるようにもなり、ブログも書けて月例会が再開できるほど
ご快復なされたのであれば本当によかったです。

お体の調子を見ながらまた素晴らしい記事を
よろしくお願い致します。
先生の記事には本当に心を勇ませていただいてきました。
本当にありがとうございます。

お体ご自愛くださいませ。
  • posted by 読者Z 
  • URL 
  • 2014.05/26 02:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

ご回復お祝い申し上げます 

みさと先生

ご身上ご回復心よりお祝い申し上げます。
ご自身の身上を生き節にして
新たな人生の転機を作られていく先生の
心意気にとても感動しました。
  • posted by 愛読者 
  • URL 
  • 2014.05/21 09:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.05/20 10:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム