ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

「夜郎自大」の典型=安倍首相

夜郎自大の語意=「史記 西南夷伝」による。夜郎(漢時代の中国に住んでいた異民族)が漢の強大さを知らず,自らの勢力をたのみとしていたことから 自分の力量を知らずに仲間の中で威張っている者。

 じつは今度の東京都知事選の評価について発信する予告をしたことを後悔している。関西の田舎にいて詳しい情報を知り得ないし、数百万人を超える有権者の投票傾向など分かる筈はない。そこで、私の知る限りで信用できるブログの記事を紹介するに止めたい。今後はもっと身近なテーマの情報について発信することにしたい。
「天木直人のブログ」
http://www.amakiblog.com/archives/2014/02/10/#002863

「森田実の時代を斬る」
 http://moritasouken.com/sC2699.HTML
《今日の論点(3)》[新聞時評・22]2月9日『東京新聞』朝刊1面下段の[百田氏発言 海外に波紋 東京裁判批判 米「非常識だ」 アジアも相次ぎ報道]のニュースは、重大な報道です/『東京新聞』だけがこの重大ニュースを報道しました/他紙はどうしたことでしょうか/安倍首相側近の他国民を傷つける非常識で乱暴な言動が世界中を駆けめぐっています/日本は国際社会から孤立する危険が増してきているのです。

 たしかに百田尚樹という作家は応援演説の壇上でマイクを手にしたとたん「応援している候補者以外はみな人間のクズばかり」と叫んでいた。国会で野党議員が安倍首相に対して,その言葉を「どう思うか?」と質問したら「自分は直接聞いていないから答えられない」と回答を拒否していた。その態度はじつに不誠実で相手をバカにしている答弁であった。直接聞いていない言葉でなければ信じられないのであれば、それこそ秘密情報はすべて信じられないことになる。国会議員がウソをついているというに等しいからだ。この安倍首相の態度こそ「夜郎自大」の典型ではないかと思われる。

安倍首相のよく口にする言葉に「積極的平和主義」という耳慣れない言葉がある。その意味は漠然としていて、聞く人によってどのような意味にも解釈できる。そんな漠然としたイメージしかない言葉を使えば都合よいのか、他にも「日本を取り戻す」とか「アベノミクス」などがマスコミを賑わしている。
 ここで「積極的平和主義」を体現しているのは、安倍首相ご本人よりもむしろAKB 48 のメンバーではないかと言いたい。その理由は、この正月過ぎにベッドの上で聴いたラジオ番組の中で、昨年から中国現地で中国人の「AKB48」のメンバーを募集し、一年かけて練習を指導している二人の日本人メンバーのインタビューを聴く機会があった。中国人のメンバー 募集には1500倍の応募者があり、ファンクラブは5万人、みな「日本が大好き」な若者ばかりとか。これらのメンバーこそ「積極的平和主義」を実行しているのではなかろうか。
 もし安倍首相が女の子の真似はできないと言われるのであれば、先頃他界したマンデラ元・南アフリカ共和国大統領の積極的な平和への態度と厳しい言動の一端だけでも見習うべきであろう。






関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title 

宗教の教理は絶対的であり、圧力や妥協によって変わるようでは宗教ではない。
政治は相対的であり、利害の対立が常にあり、一方が得をすれば他方が損をする世界で、常に流動的で妥協によって変更される。
最近みさと氏のブログでは、得か損か、勝つか負けるか世界である政治問題を強調し過ぎており、そのためみさと氏の説くおみちの教理自体が、中山ミキの正しい教えの追究ではなく、みさと氏個人の教団内における損得勘定が基準となって説かれているのではないかと疑いたくなる程である。
みさと氏の説く教理を読み勉強しようとしているまじめな読者がいるわけであるから、マスゴミの政治解説や歴史認識などは他に沢山いる暇な人間にまかしておき、みさとのブログは教団本部が忘れかけている中山ミキの正しい教えの研究に特化して頂きたい。以上
  • posted by 自立人生 
  • URL 
  • 2014.07/12 23:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

神様の教えを研究し、書籍として出版されていることは素晴らしいことだと思いますが、政治のことに言及することは控えるべきです。政治と宗教が絡むと必ずといってよいほど暴力的になります。現在の創価学会がよい例です。
著書を見る限り、天理教の教学は研究されてますが、日本の近代史、政治に関しましては残念ながらわかっていないように思います。
今後は天理教をはじめ各種宗教に関して言及することはかまいませんが、政治に関しては発言を控えたほうがよいと思います。
  • posted by 山梨 
  • URL 
  • 2014.02/25 00:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム