ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

7/25月例会報告

 成ってくるのが天の理

 毎年のことながら7月は汗をかきながらの例会であった。部屋にクーラーはなく扇風機4台がフル稼働。原発と違って汚染の恐れはない。
 参加メンバーは途中参加を含めて21名(男16/女5)で、男女それぞれ初めてのめずらしい顔も見えた。

 恒例によりイオンで購入した「富士山のしずく」とラベルを貼った天然水500mlと配布資料その他を机上に並べる。茶菓は知れたものだが、富士山の水には天然パナジウム含有とラベルに書いてあり、世界遺産に登録されたこともあって何となく有難い。パナジウムは糖尿病にも効能があるとか。このペットボトルを冷蔵庫で冷やして飲むと、どんな飲料より美味しいのだが、残念ながら冷やす時間がない。

 参加者はブログの読者とは限らないので、今月も最近のブログから「つとめ場所と神殿」の写真入りの記事をコピーした。この報告の読者は内容をご存じだろうから繰り返さないが、前々回に発信した明治40年頃の本部神殿見取図と写真を合わせると、言わんとするところは理解して頂けると思う。(記事の内容をさかのぼって再確認して下されば幸い)

 初参加のO氏は、知る人ぞ知る教内ではめずらしいミュージシャンの教会長である。これ以上はプライバシーに差し障るから書けないが、当日は音楽のことよりも自教会の「ふしぎなふしん」について聞かして頂いた。なんでも昨年完成したふしんは「みかぐらうた」(八下り目二ツ)に歌われている通り、
 ふしぎなふしんをするなれど
 たれにたのみハかけんでな
 を地で行って予定通り完成した。もともと市の区画整理のための移転で保証金は出たそうだが、それでも建築関係の段取りやタイミングはもとより施行業者にも恵まれ、とても常識では出来るはずのない教会移転ふしんが予定通りに進んだという体験談を聞いて感心するばかりであった。そうした自然に成って来る普請に対しては誰も異論があるはずはない。
 
 私事になって恐縮だが、自分は文章で表現することしか能はないと自覚している。教内では特別の立場も権威もないので、それも認めてもらえない。しかし教外一般の出版界で名の知れた学研のベテラン編集長は、私の表現力を認めてくれたので昨年の出版が実現した。文章以外に何のコネも条件もなかった。それどころか不思議としか言いようのないタイミングや縁のつながりのおかげであった。

「元初まりの話」については、46億年前の地球の成り立ちとして、ジャイアント・インパクトと呼ばれる惑星の激突をはじめ太陽との距離、地球の大きさ、月の存在など、一つでも条件が違えば生命は進化できなかったことが科学的に明らかにされている。それらの神秘としか言いようのない経過は、卵子が受精して生命が誕生する経過にも類比できるとの仮説についてR氏から発言があった。
 いずれにせよ月日がなければ人間は生きていられない事実だけ見ても、月日は親神であることに間違いない。

 さらに切迫している刻限については、先月下旬から今月にかけての朝鮮戦争60周年に当たって、勝利したまま停戦状態にある北朝鮮は何を始めるか全く予測できない緊張状態にあった。
 とにかく参院選の結果に見る通り、今の日本人は未来の孫子の代を一切無視して、今の満足・今のお金にしか関心を抱いていないと断言しても間違いはないから、神の残念はいかばかりであろうか、いずれは大掃除が始まることは明らかであろう。
 めへ/\にいまさいよくばよき事と(三号ー33)
 をもふ心はみなちがうでな

 7月のテーマのなかに「月例会の会場変更についての相談」という項目があったので、何かヨコヤリが入ったのではないかと心配して下さった方もあったが、別に問題があったわけではない。
 ただ特定の系統に属する詰所を会場にしているために、何となく参加しにくい感じを持たれている方もあるのではないか、いずれは自主独立の拠点を持ちたい、との私個人の思いに過ぎないことを了解ねがいたい。
 ところが、詰所は自由に時間を延長できるし、そのまま宿泊もできるので、こんな便利な場所はないとの意見も強く、今のところはそれこそ「成ってくるのが天の理」にお任せするほかはないと思っている。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム