ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

「天理教平和の会」について

一会員としてのご案内

 天理教平和の会は9年前から”草の根”の活動を続けてきて今日に至っている。私は「戦争を語りつぐプロジェクト」代表として、会が発足して間もなく戦争と平和は相関関係にあることから進んで入会した。
 仏教、キリスト教など他宗教が積極的に活動を展開している中で、天理教は教団としての動きは無いに等しく、本会が対社会的に果たしている役割は大きいと信じている。
 一会員の私があれこれ申すよりも、「天理教平和の会の歩みと今後の展望=結成5周年記念資料集」(全85頁)から、巻頭に掲載されている長谷川俊夫代表の一文と、最近に作成・配布されている「チラシ」のPDFファイルをリンクして参考に供したい。
 願わくば、このブログの読者有志が進んで参加して下さり、共に会の活動に恊働して下さらんことを。とくに教内に潜在している若者パワーの結集を期待して止みません。

heiwa-ayumi.jpg

   「資料集」発刊によせて 
     天理教平和の会代表 長谷川俊夫

 天理教平和の会結成満6周年を迎えた記念すべき日である2010年9月26日に、この「資料集」の作成を決定しました。2004年9月26日に会結成以来、多くの会員に支えられ運動を続けられたことを大変嬉しくまた誇りに思います。全国の多くの方のご協力・ご支援をいただき一歩一歩歩み続けてこられたことに会を代表して心からお礼申し上げます。
 隔月のビラ配布、毎月の例会を続けてまいりました。会のこの間の6年の歩みを振り返ってみると、ささやかではありますが天理教平和の会の大きな役割を痛感し感慨深いものがあります。
「せかいぢういちれつわみなきょうたいや 
 たにんとゆわさらにないぞや」
 と、万人平等を説き道をつけるのに、教祖の命がけの50年のひながたがありました。それに比するなら、私たちの歩みは本当にささやかなものであります。こうした歩みのうえに立って、この数ヶ月の間に、天理教平和の会にとって画期的な出来事がありました。それは、5月に実施されたNPT(核不拡散条約)再検討会議に向けてのニューヨーク行動への2名の代表派遣の取組みです。そして、7月26日には、核廃絶を求める署名にご協力いただいた南佳策天理市長に報告に伺って激励をいただいたことです。
 さらに、8月21日、日本聖公会奈良基督教会礼拝堂で、天理教平和の会を代表して清水貢さんがメインの講演をされ、パネリストとしても発言されたことです。キリスト教の礼拝堂でキリスト教信者や仏教徒が多くおられるなかで、『おふでさき』の内容を中心に憲法9条を守る立場を平易に講演され、他の宗教者から大きな共感をいただいたことです。
 これらのことを含め、この6年間の草の根の運動の軌跡を収録したこの「資料集」が、私たちの切なる思いである世界平和のため憲法9条を守り抜く運動に少しでも寄与できることを願っています。私は、天理教平和の会が、多くの会員の皆さんに支えられ、教外の方々の共感のもと、さらに一歩一歩進み、10周年記念、さらに20周年記念はおろか、末永く続くことを祈念申し上げ発刊の辞とさせていただきます。

<平和ビラ 12号>
http://www.geocities.jp/shougen60/heiwa-bira.html

<例会のご案内>
*日 時=毎月26日 午後1時30分〜4時
*参加費=500円(資料・茶菓・会場費として)
*会 場=三島公会堂
     本通り商店街の途中「又一呉服店」角を
     北向きへ100m 突き当たる手前の右側。
*有志の参加を歓迎します

  

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム