ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

4/25月例会報告

 飛躍のために必要な刻限の予感

 ストーブも扇風機も要らない(エアコンの設備ないので)経済的な季節となった午後、18日の教祖ご誕生祭に帰参した人もある中で、初参加1名を含めて19名(内女性6名)の参加者があった。といっても、全員に満足してもらえたかどうかは自信がない。あまりに自由すぎてまとまりのないまま散会してしまう結果となった。それでも初参加の方は「何でも話せる気楽な雰囲気」と感想をもらしていた。

 はじめに、旧満州から戦後に帰国された今年喜寿(77歳)を迎える高齢者の女性ようぼくが、目も足も不自由な身でありながら推し進めている誠真実の企画について説明をして頂いた。それは「旧満州天理村慰霊碑」建立のための募金活動で、その趣旨を伝えるチラシのファイルをリンクしておきたい。(と思ったが、スキャナーの調子が悪くファイルの作成ができないので、しばらくお待ちください)
 天理村の歴史について知る人は少なくなるばかりだが、犠牲者となった御霊を慰める気持ちはきっと天に通じるものと信じている。財布の中がお札でふくらみ過ぎている時には、その中の1枚でも送金して頂けば、1枚が10枚分の天の貯金として受け取って頂けるに違いない。

 我田引水になるが、昨年9月発刊した本について、この4月中に教外の未知の読者から送られてきた感想文が3通あったので、その一部を紹介した。教内の会長よりも、むしろ教外の読者が本の内容を読み取って下さっているように思う。中には大本教の信者と名乗る方からの感想もあり、仏教関係の若い読者もあった。その一例を匿名(年齢不明の男性)で紹介したい。
<美しいご本ありがとうございました。3.11の時、ドトールを飛び出して、母と千葉中央公園に逃げました。この世の終わりかと思いました。それから福島原発が放射能を撒き散らして、今日も、ストロンチウムを含む大量の汚染水が漏れ出たというニュースに身を縮めます。鳥インフルエンザのパンデミックも、不安です。ご本に出会って、通りぬけなきゃいけない道だとわかりました。今生かされていることに感謝を忘れずにいたいです>

 今月配布した資料コピーは、上記の天理村慰霊碑建立のチラシの他に、4月中にブログから発信した記事とコメントのコピーであった。ネットで読んで下さっている参加者はむしろ少ないので、情報提供することが目的であった。
 太古からの生物進化の過程について言えば、今から2億5千万年前に地上最大の火山噴火があり、生物のじつに95%までが絶滅した大事件であったことが最近の研究で明らかになってきた。地底マグマの大噴出スーパーブルームによる史上最大級の火山噴火で二酸化炭素が増え、海底のメタンハイドレード融解で発生した膨大なメタンガスが、温暖化と低酸素状態を招いたからだ。呼吸効率改善のために横隔膜を進化させた私たちの祖先は、胎生で子供を産み、母乳で育てる独自のシステムを作り出す。
 史上最大の巨大噴火が地球環境を大きく変える引き金になった。その時、大きな痛手を負ったのが人類の祖先、すなわちその後哺乳類として進化した生物は、この大変動を乗り越えたとき、飛躍的に進化をなし遂げたのであった。それらの地球大変動による絶滅の危機も決して偶然ではなく、飛躍的な進化のために必要な大節であったに違いない。「元初まりの話」にも3度の出直しについて記されている。

 最後に、岩井猛顧問から、再来月の6月25日にはくれぐれも油断なく一日を過ごす覚悟を定めることを力説する発言があった。すなわち「おふでさき」第三号-64のおうたに、
「しかときけ三六二五のくれやいに むねのそふぢを神がするぞや」
 と重大な警告を発しておられるからである。人間は先が見えないから未来のことはわからないが、元の神・実の神は「見えん先」を見通されて「怖き危なき道を案じ」られているからだ。
 その刻限には「天理の世 来たる」旗印の下に誠真実を結集して「おたすけ」する決意を固めることが大事ではないか。といって、岩井顧問は慎重の上にも慎重に、誰にも迷惑をかけたり恥をかかさぬよう事を進める態度を固めている。
 この課題については来月25日に、もっと具体的な対策を立てて呼びかける段階に入ることが予定されている。 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム