ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

重要なサイトの紹介

 以前にも紹介したことはあるのですが、最近またマスコミでは報道されない大事な情報が更新されていますので、予定していたテーマを後回しにして再度紹介したいと思います。よろしければ「ブックマーク」をつけて時々訪ねてみられることをおすすめしたいのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<村田光平オフィシャルサイト>
 以前に紹介した村田光平・元スイス大使のサイトには、国会事故調の報告書が提出された後の7月8日付で野田首相あてに直接差し出された書面が公開されています。
「国会事故調は、地震事故説の根拠を明確に認めました。津波事故説を一方的に採用し津波対策だけを電力会社にとらせて実現された再稼働は危険至極であり、即時中止すべきであると確信します」と、その一節にある通り、客観的事実を踏まえた厳しい警告に満ちています。
 http://kurionet.web.fc2.com/murata.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
増田俊男の「時事直言」
 いくら騙されても気が付かない消費税増税信者!
 財務官僚という利己主義者!
  増田俊男の「愉快な暴言」
 http://chokugen.com/opinion/backnumber/h24/jiji120706_743.html

 

関連記事
スポンサーサイト

Comment

よう木さんへ。 

私こそ自分の名前を出していたことをウッカリしてました。ある日、天理教平和の会の関係で、原子物理学者でありお寺の住職でもある方から封書が届き、趣意に賛同して署名するよう求められたので、一も二もなく賛同の署名をしたことがありました。
それが7/13日の共同声明の記者会見になったのです。
そのことを中村隆市ブログ「風の便り」で再確認しました、当日も記者会見に出席するよう連絡があり、急に翌日の朝に予定変更があったので行けませんでした。
もちろん「名前だけ連ね」ただけでいいとは思っていないので、今後とも本気ぶりを示したいと決意しています。もうしばらく猶予を頂きたいのです。今後「中村隆市ブログ」もブックマークして参考にするつもりです。
  • posted by 天理みさと 
  • URL 
  • 2012.07/19 15:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

申し訳ありませんでした 

どうも的はずれなコメントをしたようです。中村隆市ブログ「風の便り」を読み理解しました。先生の本気度が伝わってきて、全身から汗が噴出した思いです。先生を100%支持します。官邸前のデモは拡大し全国規模になろうとしている今、教団はいつまでも無視を続けられないと考えます。それにしても宗教とは何なんでしょうね?
  • posted by よう木" 
  • URL 
  • 2012.07/19 10:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.07/19 09:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

コメントに感謝 

よう木さんへ。
「京都新聞の記事」をWeb 版でも探しましたが見当たりませんでした。名を連ねたことも初耳です。本部の対応はゼロに等しいことは、天理時報であれだけ「救援ひのきしん」の実績を取り上げられた一方、原発については沈黙を守っていることだけでも推定できます。私はさらに声を大にして脱原発を表明していく覚悟です。この問題に無関心のままなら、天理教は終わりと信じています。

りゅうさんへ。
外国人参政権に対するコメントで同意を表明して下さり、意を強くしました。夫婦別姓についてはあまり関心をお持ちでないのか、あっさり片付けられて少々残念です。
今後ともよろしく。
  • posted by 天理みさと 
  • URL 
  • 2012.07/18 19:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

本気? 

「原発廃止し命の尊厳を 京で宗教者ら声明 」
京都新聞の記事を読みましたが天理教の本気度が伝わって来ません。とりあえず名を連ねたぐらいに受け止めています。おぢばではどのように受け止められているのでしょうか?
  • posted by よう木" 
  • URL 
  • 2012.07/18 11:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム