ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

情報には裏がある

 心ある少数派からマス「ゴミ」と呼ばれる全国紙やテレビのニュース報道では決して得られない情報が、たまたま地方紙の大阪日日新聞の社主・社長の論説として発表されていることをネットで知った。(新日本海新聞社も経営者は同じ)
 マスコミ情報が裏面で利権と結びついていて、どれほど真相と違っているかは、一読すれば明白となる。例えばその真相は、「小沢一郎」の評価に最も良く表れている。バランスをとる意味でも web 版の「大阪日日新聞」の論説記事にアクセスしてみられることをおすすめしたい。
「いまこそ、小沢氏に期待する」
 
 先日6日には「国会事故調査委員会報告書」というタイトルの分厚い文書が衆参両院議長に提出され、「明らかに人災」という結論が反響を呼んだ。黒川委員長は立派な学者のようで適任といえるが、あくまで福島原発事故の調査が目的だから、原発の是非については何も結論は出していない。
 今後もし自然災害に対する安全性が確認されたとしても、反自然的な技術であることに変わりはない。その証拠に、使用済み核燃料の再処理も廃棄もできない「トイレのない高級マンション」といわれる有様なのだ。
それにしても大飯原発が再稼働した直後というタイミングは、報告書の発表前に既成事実をつくるために急いだのか、あるいは6月末提出の予定を遅らせたのか、すっきりしないものがある。
 
それ以外にも、一見の価値がある裏情報はいくらでもあるが、次のサイトもその一つといえるだろう。
「週刊朝日 DEGITAL - EX"
「原発の再稼働は許されない、その法的根拠」
(サイト内の関連資料「世界の地震帯と原発の立地図」を含む)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
メルマガ<心のテープ>アーカイブ
No.1~30(2007.8~2008.2)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム