ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

本物の平和思想家を見つけた

 数日前にメーリングリスト no_more_war の情報によって、初めて村田光平(元スイス大使・74歳)の存在を知った。そして、この人こそ本物の平和思想家であり脱原発論者に違いない、と確信した。
 下記の村田光平オフィシャルサイトおよび講演を記録した動画をごらんになれば、きっと私が確信した理由を理解して頂けると信じている。しかも経歴や立場によって、日本政府のみならず国際的にも大きな影響力を持っている。誇張ではなく、まさに天は今日あることを予見して、村田光平という人物をこの世に準備されていたに違いない。

 上記サイトの中には、最近の野田首相や枝野経産大臣あてに村田氏が直接に送った書面も公開されている。世界的には3・11を「世界倫理の日」として国連倫理サミットの開催を提唱し、福島原発4号機の危険性を訴えておられる。
 すでに米国は4号機の崩壊による核燃料爆発の危険性を察知して、8万人の在日米軍を48時間以内に日本国内から撤退する計画を立てているとの情報も公表されている。福島第一原発の原子炉建屋内のプールにある使用済み燃料棒は合計11442本に上ることも、それらの政府首脳あて書面で知ることができた。
 
 すでに2002年に村田光平・元スイス大使は、日本の安全保障問題は原発にあり、として『原子力と日本病』を出版、早くから警告し続けられていたことも今まで知らなかった。『新しい文明の提唱ー未来の世代へ捧げる』(2000年刊)もぜひ読んでみたい。
 世界中で日本政府や東電を信用している国はない現状であり、国際協力による最大限の対応が緊急課題となっているとの確信を元として、「天地の摂理」に則って「原発独裁」との決別を強く要望されている。
 もしまだご存じでなければ、下記のサイトへのアクセスを是非おすすめしたい。原発は必要かどうかで迷っている人々にとって、正しい方向を示してくれる何よりの情報となるだろう。

*村田光平オフィシャルサイト
 http://kurionet.web.fc2.com/murata.html

*動画「なぜ今、再稼働か。その裏にあるものは」
 反原発自治体議員・市民連盟 第2回総会 記念講演
 http://www.ustream.tv/recorded/22554393#


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム