ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

無謀な戦争=過去と現在(追記あり)

 3日前の12月8日は、ご存知ない方があるかも知れないが、70年前に太平洋戦争が始まった日に当たっていた。その8日に私は、奈良県内の市立中学校に行った。目的は、戦争体験の語り部による課外授業が2年生(145名)を対象に実施されるについて、中学校から依頼を受けて選定した語り部の送迎に当たり、現場を取材するためであった。課外授業を12月8日に決めたのは私の希望であった。若いスタッフが車の運転と取材に協力してくれた。朝日新聞奈良支局の記者も取材に来ていた。

 語り部として体験談を語って下さった高齢者は、元公務員の男性(75歳)元看護師の女性(82歳)のお二人であった。戦争中に沖縄で父が戦死したために、戦後も食糧難と貧窮の中を母の手ひとつで3人の弟妹と共に育てられた。学校へ弁当を持って行く余裕もなく栄養失調になった苦難の少年期や、96歳の長寿を全うされた母の遺書に、目頭が熱くなるのを覚えた。
 もう一人の語り部は、原爆が投下された瞬間の恐ろしい火の玉と轟音、翌日広島市街に入った時の地獄の様相、峠三吉の詩集の力強い朗読にも深い感銘を呼び起こされた。彼女は原爆を目撃し、いのちを守る大切さに目覚めて看護師になる決心をしたとも聞いた。(お二人とも、私どものHPにそれぞれの証言を収録している)

 こうした無謀な戦争の結果が遠い過去に過ぎないのであれば、未だ救いはあるのだが、決して過ぎ去ったこととは言えない。戦後、原子力の平和利用とクリーンエネルギーによる経済成長という大義名分の下に推進された原発建設の国策は、まさに自然を相手に仕掛けた無謀な戦争であったことを、このたびの3・11大震災によって思い知らされたのではないか。

 最近、ずっと以前から原発の危険性を告発し続けてきた広瀬隆氏の著書を読み返して、ヨーロッパ大陸と日本列島の地盤には大きな違いがあることを知った。北欧の国々は10億年以上前に地盤が固まっていて、地中海沿岸でも2億年以前の地盤だから、地震は殆ど起こらないのに対して日本列島は、地球の地殻を構成している4つのプレートの境界に位置していて、列島全体が海底から隆起したのが200万年前、さらに日本アルプスの山々が隆起したのは100万年前の若い地盤の上に乗っかっている。しかも原発が建設されている各地の沿岸部は縄文時代(1万年~3千年前)には海であったことが地質調査で判明している軟弱な土地であるという。

 3.11大震災のようなプレート境界型地震は周期的に起こる。といっても、その周期には50年~100年の幅はある。一方、直下型地震は、いつ起こるか予測できない。「想定外」という言葉で責任をウヤムヤにしようとするが、東北の三陸地方には、明治29年(1896)にも38メートルの大津波を伴った地震が発生しているのだから、決して想定外とはいえない。目先の利害に迷って正しい判断ができない人間の浅はかさを痛感せずにはいられない。

 地球の地盤を構成しているプレート移動説は、原発推進と並行して解明されてきた地震学の定説であるが、そうした定説を無視し否定して、あらゆる手で安全神話を浸透させ、原発を増設し続けてきたのが現実であった。原子力や地震を専門とする学者は、金銭欲や名誉欲のために良心を捨ててしまったのか、それとも最初から持ち合わせていなかったのか。
 改めて「無謀な戦争」という意味では、かつての太平洋戦争も原発の爆発事故も、同じ経過を辿って膨大な犠牲を伴う敗戦を招いた、と言わざるを得ないのだ。
 今後の問題は、私たち一般の民衆が、正しい知識を自分のものとして、政治家や官僚の言動を監視し、ごまかされないように覚醒するかどうかにかかっている。

(追記)
 原子炉で発生した高熱の2/3を海へ捨てるための温排水(海水より7℃高い)の膨大な排水量が自然を汚染する結果、魚卵や稚魚が死滅し、広範囲で漁業ができなくなることはいうまでもない。(原発1基につき毎秒70トンの温水が海へ排出される)

 その上に、青森県六ヶ所村の広大な敷地に建設された再処理施設には、1998~2010年までに全国の原発から使用済み核燃料が運び込まれ、そのウラン換算重量は2827トンに上っている。しかし、未だに故障続きで再処理ができないため、3000トンの容量がある貯蔵プールで冷却しつづけているが、すでにプールは満杯に近くなっていて、あと173トン分しか残っていない。
 全国の原子炉で発生する使用済み核燃料は年間900~1000トンに達する。そのため各原発敷地内のプールで冷やしながら保管しているものの、それも数年後には満杯になるという。(いずれも広瀬隆氏による情報)

 敦賀の高速増殖炉「もんじゅ」は今までに1兆円もの予算をつぎ込んでも危険なため運転できないまま。年間のエネルギー対策特別会計は3300億円、独立行政法人・原子力開発機構の傘下には59法人、高級官僚135人が天下っている。その中には子どもを安全神話で洗脳するための副読本を専門に企画制作している法人まである。まさに原発王国の繁栄ぶりは突出している。
 なお、かつての戦争では「必勝神話」を国民に信じさせる教育を徹底したが、原発推進には「安全神話」のPRが見事にその役目を果たしてきた。いずれも無謀な国策を信じさせるための巧妙な手段であった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

nogaさん 

以前に日本語と英語の違いについて指摘するコメントを頂いたことを思い出しました。ブログを読んで下さっていることに感謝します。
nogaさんのHPも拝見しました。
今後とも貴重なコメントを期待しています。
今日、補足記事を追加しましたので一見して頂ければ幸いです。
  • posted by みさと 
  • URL 
  • 2011.12/12 09:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Japanese mentality 

米空軍が日本の都市を爆撃し始めたころ、指導者は「これに対処する万全の準備をすでに完了いたしております。」と述べた。洞察力がないから、未来のことには反論できない。そして、多数の市民が無差別爆撃で死んでいった。
福島の原発にメルトダウンが起こっても、指導者は「ただちに人体に影響はない」を繰り返し、「食べても飲んでも大丈夫」と国民に伝えた。実況放送・現状報告の内容しか語らない。だが、不安は未来の内容である。だから、指導者は、国民の期待に応えていない。
この国に、最悪のシナリオを語って見せる者はいない。誰しも悪い夢は見たくない。安らかに死んでゆきたい。ひ弱な花か。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

  • posted by noga 
  • URL 
  • 2011.12/11 18:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム