ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

「想定外」の月例会報告

 梅雨の真ん中にあたる6月25日というのに、真夏の暑さが津波のごとく全国に押し寄せている、と言ったら、命に別状はないのに大げさだ、と叱られそうだが、会場の詰所にはクーラーはないので、3台の扇風機をフル回転させた。

 しかし話題に熱が入ると暑さはどこかへ忘れるほどに、6月は珍しい「ようぼく」が参加された。ようぼくに間違いはないが、じつは教内よりは教外の医学界で名医のほまれ高いお医者さんが、初めて見えたのだ。私の身内を通してお名前は聞いていたし、ご本人も私の著作やブログを読んで下さっていることも知ってはいたが。それにしても、まさかご本人の医学博士が姿を現されるとは想定外であった。(この場合、ありがたい「想定外」だが)

 そこで、急きょ身上の理や治癒の実例について名医先生に質問を集中することにした。専門は外科とのことだが、ガンの治験にも詳しく、毎日多勢の患者と接しておられるだけに体験は山ほどある。しかし個々の症例については個人情報に抵触するおそれもあり、ご本人の承認を得ずに公開できないので、まことに惜しいけれど、これ位に留めたい。

 ただ、お道の真髄というべき「生まれ替わり」を信じなければ信心しているとは言えない、と発言された時には、筋金入りの信心と先端医療を両立されている誠真実の態度に恐れ入るばかりであった。やはり先祖代々信仰熱心な家庭に生まれ、節から芽が出るような実体験もされたとか。年に5、6度は土日にかけておぢばへ帰参されているとのことで、6月25日はちょうど土曜日に当たっていたので、日本の北端から初参加することにしたとのこと。

 当日の参加者は9名(全員が男性)であったが、思いがけず有益な時間を送れる月もあるので、6月欠席された方々も、ご縁があれば又の参加を期待しています。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 天理教へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム