ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

原発を停めたら電力は不足するのか

You Fube に投稿されている 廣瀬 隆「福島原発巨大事故 今何が必要か」を視聴する機会があった。民主党国会議員が講師として招いた会合の席で、表記の演題で約1時間にわたる講演の動画であった。廣瀬氏は元技術者の経歴をもつジャーナリストで、早くから原発の危険性を指摘してきた。『原発 時限爆弾』の近著もある。

 原発を停めて電力が不足しても辛抱できるのか、真夏にクーラーを使えなくなってもいいのか──という質問の仕方は、原発推進派の為にする詭弁に過ぎないことが、明快な説明と具体的な事実をもとに解説されている。講師の廣瀬 隆氏は「電力不足の危機は全くのウソ」と言い切っている。まさに「目からウロコが落ちる」思いであった。

 政治家もマスメディアも、その事実を知らないで、国民の判断を誤らせているのだろうか。本当に知らないのか、まさか無知の偽装ではないと思いたい。いずれにせよ、国民一人ひとりが確実な情報を入手しない以上、カヤの外に置かれて傍観するしかない。
 いま最も耳を傾けるべきは、原発推進派のあらゆる妨害と排除にも屈せずに、過去数十年にわたって原発の危険性に警告を発し続けてきた廣瀬 隆氏、小出 裕章氏、その他少数の、権力や利権と無縁の人々の発言である。

 私は少年時代、オトナから戦争に必ず勝つと信じ込まされていた。新聞もラジオも負け戦は報道せず、調子の好い戦勝のニュースばかり流していた。昭和20年3月14日大阪大空襲の夜、天理市から西の空は、投下された焼夷弾のため夕焼けのように真っ赤に染まったものだ。空襲の悲惨な有様は、その夜に看護婦(師)として大阪の病院で戦災者の手当てを続けた高齢女性の証言「地獄のような大阪大空襲の夜」を一読してみられれば明白となる。

 現在進行形の福島原発に戻れば、原発のコストは、他の発電方法に比べて、決して安くならないことも、廣瀬氏は明確に指摘している。日本各地の原発の使用済み核燃料を処理するためだけに、今まで30兆円の費用が国家予算から支出されたというのだから納得せざるを得ない。
 太陽や風力はもとより、石油、天然ガス、石炭いずれにせよ、発電した後まで莫大な処理費用が掛かる原料は、原子力の他にはない。しかも、それだけ処理費用をかけても、さらに何万年も放射能を出し続けるのだから、推進派の言い分を用心して聞かなければ大変なことになる。

 とにかく、You Fube に投稿されている下記の動画を観ての上で、各々で判断をして頂きたい。長時間の動画だが、決して観て損はないことを保障できる。
 廣瀬 隆「福島原発巨大事故 今何が必要か」

(追 加)
 5月23日 参院行政監視委員会に小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)が参議院の行政監視委員会に参考人として出席された。小出氏は原発反対の立場で研究を続けてきたため、その業績が認められず、未だに万年助手の立場を与えられている。この機会に小出氏の学者としての発言を視聴されることをおすすめしたい。
 小出裕章「原発事故と行政監視の在り方」


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 天理教へ
にほんブログ村



 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事