ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

原子力開発の目的と実情

 3.11の福島原発の爆発事故が起こるまで、私は恥ずかしながら原子力について無知だった。燃料棒というのを冷やすには2、3日水に漬けておけば冷えるのが当然と思っていた。ところが爆発事故の後、数年間も水を循環させながら冷やしつづけなければ危険と聞いて、そんな途方もなく熱い物体があり得るとは、直ぐに信じられない程であった。
 その後、私なりに情報を収集した結果、今では少しは賢くなった、と自ら慰めながら励ましている。

 人類は、たしかに原子力という「第二の火」を発見した。
 その火を初めて応用したのが、戦争で破壊を目的とする原子爆弾であった。その原爆は世界で初めて広島・長崎に投下され、両市とも焼け野原になり、その直後に犠牲になった死者だけでも17万人とも20万人ともいわれる。
 原子力の火は、太陽の火とは逆の原理で得られる。太陽は核融合によって光熱を地球にまで、ふんだんに与えてくれているが、原爆の原理は核分裂にある。いくら科学技術が進歩しても、太陽と同じ核融合は人間の知恵では不可能らしい。そこに人智の限界を観る思いがする。

 50年ほど前から開発された原子炉はどうか。やはり核分裂のエネルギーを応用した技術である。原理は原子爆弾と同じで、核分裂の速度をコントロールしているという。自然に存在しない放射性物質を放出することも原爆と同じ。「死の灰」と呼ばれる放射性物質は、体内に吸い込むと、極めて長期間にわたり遺伝子を破壊し、さまざまな難病を引き起こし死に至る。
 しかも発電機の動力を生み出す原子炉は、原爆と同様に、戦争を目的に開発された。つまり、潜水艦が長期間にわたり海底に潜って敵を攻撃するための技術であった。だから、緊急に実用化が必要となり、安全性は軽視された。

 その戦争目的の技術が発電に応用されたのが原発だが、使用済み核燃料を後始末する方法は未だになく、原発建屋内のプールに入れて水で冷やしているだけなのだ。いわば「トイレのないマンション」を建てているようなもの、というジョークさえある。
 一方で、核燃料の再処理による有効利用といわれる技術は、じつは途方もなく危険性が高いという。再処理によって産出されるプルトニゥムは地上最高の猛毒物で、極く微量が体内に吸収されるだけで命にかかわるほどなのだ。

 そんな危険極まりない不完全な技術が、それでなくても原爆の洗礼を受けた日本国内に54基も建設されてきたのは何故か。ここからは、政官財の癒着とマネーが絡み合う「欲望」のシナリオが現実となる。
 すでに週刊誌では、学者を巻きこんだ原子力行政の裏側をえぐったスクープや、マスコミの偏向、東京電力のデータ隠し、いい加減な安全基準、等々が暴露されている。昔と違ってネットを通して、テレビや新聞に出ないニュースが大量に出回っている。
 その上、原発立地にある市町村に対する莫大な交付金や補償金などの利益誘導の実態が絡んでくる。実際に、福島原発の直近にある双葉町では、事故発生前には、7号機・8号機の誘致を心待ちにしていたという情報もあるくらいだ。ここにもマネーがらみの欲望の構図が透いて見える。

 具体的には触れないが、結論として、自然エネルギーの普及率をみれば、世界中で日本がいかに遅れを取っているか、一目瞭然となる。
 例えば、生産・消費されているエネルギーの総量における自然エネルギー(太陽光や風力など)の比率は、世界が20%を超えているのに対して、日本は3%程度に過ぎないという。また国家予算のエネルギー開発費は、日本では90%が原子力発電に向けられていて、自然エネルギー開発のために組まれる予算は10%にしか過ぎない。
 しかも、もともと日本の自然エネルギー応用技術は世界でも突出していたのに、具体化する面で外国に追い抜かれてしまったのだ。

 とはいえ、今の時点で大震災のために原発が爆発事故を起こしたのは、不幸中の幸いであった、という話も耳にした。そのわけは、こんどの事故が世界中に影響を与えた結果、中国でも全国にどんどん原発を造る計画が見直されるに違いない。そのため将来的には、中国の原発事故のため日本の上空が放射能で覆われる危険性が少なくなったというのだ。

 さらに、今度の事故で明らかになったのは、戦争をする意味が無くなったということだ。もし日本を破滅させようとすれば、ミサイルを国内のどこかにある原発にミサイルを一発打ち込めば、日本の上空はすべて「死の灰」で覆われるからだ。
 あるいは、少人数の特殊部隊が原発に接近して、電源を切断するだけで、原子炉内の核燃料が臨界に達して爆発してくれるからだ。
 それ故に、日本としても、戦争準備のために軍事予算や兵力を増強する意味が失われたのだから、恨まれるような敵を作らずに、平和憲法を守ることが最も安全ということになるのだ。

 もし、それが本当なら、取り返しがつかなくなる一歩手前で親神様・教祖によってブレーキを掛けられたとも受け取ることもできる。このままでは、文字通り日本という国は、「上・高山」(政官財のトップ)の横暴によって、日本全国が66年前の敗戦と同じ地獄の淵に突き落とされても当然なのだ。
 今度こそ、「谷底」の民衆(犠牲者や被災者、現場作業員など)は真実に目覚めて、進んで義援金を送りボランティアに出動している市民とともに、欲を忘れて高低のない社会に立て替えるために、原典を元として自然観、生命観、価値観を変革しなければ、日本は永遠に救われないだろう。私たち「ようぼく」は、その精神的変革の先頭に立つ心定めを待ち望まれているに違いない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 天理教へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム