ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Entries

被災教会(宮城)からのメール転送

 救援物資に協力して下さった一読者(samさん)から以下のコメントが届きましたので、参考までにコピーして公開したいと思います。
 現地の状態は刻々と変ってきているようですので、ぜひ一読されることを期待します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは。
いつもブログで勉強させて頂いております。
被災地の状況が変わってきているという旨のメールがきましたので
転送いたします。

--------------
3月27日

この度は、東日本大震災の被災地へ、また被災者の方々へのたくさんのお心寄せを頂きまして、本当にありがとうございます。

本当に本当にありがとうございます!

皆さんの温かい思いが救援物資となり、当教会を埋め尽くすほどになりました。

昨日は10時から、ご本部の月次祭の遥拝づとめをさせていただきましたが、おぢばではたくさんの方々が、被災地へ思いを寄せてくださり、一手一つにおつとめを唱和されているのかと思うと、また当教会の神殿いっぱいの救援物資に込められた思いを感じると、涙があふれてあふれて止まりませんでした。

こんなにもたくさんの教友の方々がいてくださる…。

見ず知らずの僕を信じて、こんなにもたくさんの方が思いを託しててくださる…


本当、本当ににありがとうございます!!

感謝しています!!

それを少しでも運ばせてもらおうと、昨日は七ヶ浜地区へ、そして今日は、栃木から応援に来てくれた仲間(今回初対面)と一緒に、、石巻地区の避難所6ヶ所を回らせて頂きました。

それを踏まえまして…、

突然ではありますが、ここで一度、救援物資の募集を締め切らせていただきたいと思います。

準備をしてくださっている方々には、本当に申し訳ありません。

そのお気持ちだけ、有り難く受けさせて頂きます。

支部や教区、自治体で集めておられたり、被災地で集めておられる方へお願いします。

そして、そのことを前のメールを送ってくださった人へも、どうぞお回しくださいますよう、お願いいたします。

避難所の内容は、どんどん変わっています。

避難所はどこも、食料や物資がコンスタントに届くようになり、衣類は山のようにあふれています。

痛みがはげしく、着られないようなものまで、乱雑に積んでありました。

なので、こちらがどれだけキレイなものを持って行かせてもらっても、受け取ってくれなくなったのです。

しかも、それを運ぶためのガソリンもなくなり、それを入れるために6時間から8時間並び、入れられても1000円分か、2000円分。入れられないこともあります。

皆さんからの物資を僕の勝手でムダにしたくありませんので、どうぞよろしくお願いします。

以前の北海道津波地震や、阪神・淡路大震災のときも、その不用品の処分費が、なんと1億円もかかったという話を聞きました。

しかもそれを、送られた側の被災地の自治体が支払わなくてはならなくなったということも聞きました。

これが第二の被災と呼ばれるそうです。

避難所は細かい要望にも応えられるようになっており、これからは本当に人の力、マンパワーが必要です。

そして、復興のための義援金が必要になります。

どうぞ、救援物資を考えてくださっていた分の費用を、義援金にして、それを集めている支部へ、教区へ、直属へ、街頭の募金箱へと入れていただけましたら、それが被災地のためになります。

今後は、そういう形でお心寄せをいただけましたら、有り難く思います。

こちらは長期戦になります。

まだまだ電気や水道、ガスもストップしている地域が、いくつもあります。

マスコミから地震の番組が流れ始め、だんだんと被災地の事は皆さんの中から薄くなってしまうかもしれません。

それでも、こちらでは戦っています。

現実を受け入れようとしています。

今回僕は、被害の大きかった地域へ、考えるひまなく、毎日動かせていただいたおかげで、落ち込むこともなかったのだと思います。

すべては、皆さんのおかげです。

御用に使ってくださり、本当にありがとうございました!

おやさまに繋いでいただいたご縁が、本当に本当に有り難いです。

どうぞこれからも、被災地へ、被災された方々へ、お心をかけていただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

松山町分教会
高橋伸実 拝
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム