ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2015年06月 ] 記事一覧

6/25 市民の集い参加報告

 事実を直視するための情報  (原発の2倍の効率をもつコンバインドサイクル発電機を説明する広瀬講師) 既報のとおり6月の例会に代えて「原発問題を考える天理市民の集い」に合流した報告をしたい。主催者は過去3回にわたり村田光平(元スイス大使)小出浩章(京都大学助教)島薗進(宗教学者)の3氏を迎えて学習の集いを開いてきたが、今回は原発に関わる知識と調査にかけては第一人者の広瀬隆氏(ノンフィクション作家)か...

広瀬 隆 著『原子炉時限爆弾』を読む

 この優れて科学的な予測の書は、3・11福島第一原発の事故発生からちょうど半年前に出版された。その「序章 原発震災が日本を襲う」のはじめに次の文章が出ている。<1986年4月26日に、ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所で原子炉を吹き飛ばす爆発事故が発生し、すさまじい大事故による放射能汚染の恐怖を味わった全世界では、そのあと原子力産業は一気に衰退の一途をたどってきた。 ところが読者が最近の報道...

(再考)憲法とは何だろう?

 最近になって憲法論議がさかんになってきている。安倍政権の目玉政策「集団的自衛権」をめぐって国会が大混乱の情勢になっている。宗教と政治は次元が異なるとはいえ、やはり一国民として、また70年前までの幼少年期に軍部独裁政治の暴走による太平洋戦争に翻弄された原体験をもつ私としては無関心でいられない。 毎年5月3日は憲法記念日に当たる。そこで6年前のブログおよび10年前のメールマガジンでも記念日に当たって「憲...

(参考資料)「世上の鏡」として

真宗大谷派(東本願寺)の安全保障法案に対する宗派声明
日本国憲法の立憲の精神を順守する政府を願う「正義と悪の対立を超えて」私たちの教団は先の大戦において国家体制に追従し、戦争に積極的に協力して多くの
人々を死地に送り込んだ経験を持っています。その過ちを深く慚愧する教団として、
このたび国会に提出された(安全保障関連法案)に対して強く反対の意志を表明いた
します。そしてこの日本と世界の行く末を深く案じ憂慮...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム