ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2015年04月 ] 記事一覧

4/25 月例会報告

「里の仙人」として通る道すじ 18日に教祖誕生祭がつとめられた影響もあって、25日の例会への参加者は14名(うち女性3名)に留まった。そのため用意した資料(4枚セット)や天然水のボトルもだいぶん余ったが、18日に帰参した人が欠席になるのはやむを得ない。急に暖かくなり晴天つづきの日が続いたのが何よりだった。 当日の配布資料「平和の会チラシ」および来る6月25日に天理市内で開催される「公開講座の案内」は4/14...

4/25(土) 月例会案内

「いつまでも続くは天の与えという」 4月に入って今までに覚えがないほど雨の多い日が続いています。野菜の種まきや植つけの旬ですから、干天より雨がありがたいのですが、それでも日照不足になると育ちがわるくなります。 事ほど左様に天候は人力ではどうにもなりません。その地球の上に人間は生活しています。いな天候だけではなく、科学技術の名のもとに大自然に逆らった改造をどれほどしているかわからないのが現実です。そ...

平和の会チラシ/公開講座の案内/参考資料

 70年目の回想を補足する予定を変更して、もっと大事な情報を提供したい。 その一つは、前回の記事やコメントにも関連する資料として「天理教平和の会チラシ14号」で、偶数月の26日本部の祭典終了直後に本通り商店街の入口で会員有志によって全国各地からの参拝者の方々に配布しているもの。 2枚目は、来る6月25日に天理市内で開催される「公開講座の案内」で、主催は「原発問題」を考える市民の集い。講師の廣瀬隆氏は4年...

戦後70年に当たり回想記を再録

 阪神淡路大震災とオウム地下鉄サリン事件から20年、東日本大震災と福島原発事故から4年目に当たって、私なりの回想記録をすでに発信した。 今回は昭和20年8月15日終戦の年、中学2年生(13歳)であった少年期の原体験をはじめ現在に至るまでの、文字通り波乱万丈、紆余曲折の人生をふりかえってまとめた回想記をリンクしておきたい。 どうか年寄りの繰り言と誤解されずに、青年期・中年期の私と同じ時期にあたる読者の...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム