ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2015年02月 ] 記事一覧

2/25 月例会報告

 おぢばに引き寄せられた芸術家夫妻(はじめに)このたび思うところあってブログのタイトルを「原典からの出発」に変更いたしました。個人的な心境に限らず、もっと原典の根を掘り下げるテーマに徹したいとの思いからです。趣意をご了解くださり、相変わらずのご支援をお願いします。 また、この機会にテンプレートを改装しましたが、お気に入りますかどうか?(植田) 春めいた晴天に恵まれた会場には、遅れて顔を見せた人を含...

2/25(水) 月例会案内

「オフ会」のイメージ先月の例会報告には、文字通り原点に戻って再出発したい旨の記事を書き連ねて意外の感を抱かれた方もあるかと拝察します。言葉足らずの面もあり、失礼にあたる段あればお詫びいたします。じつは私の脳裡には志を同じくするネット仲間で開く「オフ会」のイメージがあるのです。「オフ会」の実例として「戦争を語りつぐ証言の取材や記録」に関心を寄せる高齢のメンバーたちの集会に参加して励みにしていた経験が...

ブロマガ 新刊ファイル

       かんろだい問答   (全30問答/図版多数/WEBファイル/250円)  この一文は、ある教会の求めに応じてまとめた「かんろだい」を中心とする教理についての研究です。手に入る限りの文献資料を参考にしましたが、部分的な情報はあっても、意外にシステムとして教理を説いたものはなく、その意味で初めての試みといえると思います。  今から13年前、著者70歳の2002.1.7に作成完了して、少数のコピー以外は保存...

みさと編集室発行図書 購読者 各位

 昨日、急に思い立って下記の通りPRメールを、アドレスを保存している購読者各位あてに送信しました。試しのつもりですので、ごく一部の方々だけですが、果たしてどのように受け取られるかわからないままブログにも転載することにします。 参考までに一読してくださって率直な感想あればコメントしてください。改める必要あれば対処するつもりです。 ブロマガ<原典からの出発>のご案内常々発行図書を購読していただき心より...

詩文集「旬の言葉」(硲 正宣 )

   詩文集「旬の言葉」 硲 正宣 著            (WEB ファイル/200円)  この詩文集「旬の言葉」は、故・硲正宣(さこ・まさのぶ)氏が、生前に月1回小さな紙に1文ずつ印刷し、にをいがけを志して配布され、たいへん好評を博したものです。氏は紀陽部内・陽城分教会長を勤めておられました。  その素晴らしい言葉の数々から、著者の諒解を頂いて50編を選び、「旬の言葉」と題して当編集室が小冊子と...

全体主義の恐怖

 このたびのイスラム国による後藤さん殺害のニュースに衝撃を受けていない日本人はいないだろう。フリージャーナリストとしての良心に賭けて危険を承知で活動されていたとすれば、その勇気と業績を賞賛し、理不尽な悲劇が現実となった原因を知りたいと思うのも当然であろう。いわば日本人全体の身代わりとなって命を失った後藤さんのご冥福を祈りたい。 ところで私には高齢者として70年前の体験がある。それは今の日本ではあり得...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事