ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2014年12月 ] 記事一覧

12/25 月例会報告

 儒教的組織が解体する必然的なプロセス 12月は師匠も走り出すほど忙しいから「師走」と名づけられたと聞くが、その中で今月も22名の参加者を数えた。内女性5名、初参加の男性2名で、ブログで発表したテーマに関心を抱いて初めて参加したとの自己紹介があった。 テーマその一「インターネットの機能と功罪」については、当日配布した資料として12年前に書いた同じタイトルの文章と、その3年後に書いた「インターネット再考...

12/25 月例会案内

 今月のテーマ厳しい寒波のなか師走の月も終わりに近づきました。今年最後の月例会になります。お忙しい中ですが何名ほど参加してくださるでしょうか、期待しております。今月はみなさん関心があるはずのインターネットと幕藩体制をテーマに取り上げたいと思います。ネットについては私に持論があって、IT技術の開発と普及は教祖の預言が現実化した結果ということです。その理由は、世界一れつの頭の中(知識)を平等にし平均化...

<ブロマガ>『元の神・実の神』

!!!!!!!好評・重版!!!!!!!
!!!
!! ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 『元の神・実の神』 植田 義弘・著 
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 

(目 次)      はじめに

      一章 いのちの不思議

      二章 心と体のしくみ

      三章 日本人の宗教観

      四章 元と実=一体性創造システムとしての神

            おわりに

  (A5版・120頁・PDF...

ブロマガ<子育ては胎児から/他1篇>

  子育ては胎内から=胎教の再発見  <お母さんになる方へのアドバイス>(WEBファイル/250円)  <目次>  お産=昔と今のちがい  胎児は<聞き耳>を立てている  母と子の<きずな>を結ぶもの  「元の理」にもとづく胎教  「をびやゆるし」の始まり ❖「をびやゆるし」から始まった教祖ひながたの道の原点に回帰するための資料です。 ❖ ダウンロードして、母親になる女性へのにをいがけに活用してくださ....

ブロマガ『よろづいさいのもと』ーよろづよ八首を思案するー

よろづいさいのもとーよろづよ八首を思案するー (WEBファイル/380円)  植田義弘 
第一首 親心に満ちた世界 第二首 三才児(みつご)のごとく 
第三首 神様いろいろ 
第四首 天理市のルーツをさかのぼる 
第五首 創造の秘密 
第六首 理で成り立つ世界 
第七首 陽気づくめ世界のふしん 
第八首 末代つづく理の種まき  ❖「よろづよ八首」を通して神一条の思案を詳しく綴ったエッセイです。 ❖「元の理」...

総選挙を前にして

 前回の「ブロマガ開設のご挨拶」の最後に次のように付記しました。<時ならぬ総選挙が間近かに迫る今日、みき教祖がもし現実にご在世であられたら、どの政党に投票されるだろうかと思案を重ね、世間の常識に流されることだけは避けたいと心を定めております> いよいよ明日に迫った衆議院総選挙について、もう少し補足したい情報があります。おそらく教祖も味方されるに違いない人たちーいずれも昭和1ケタ生まれで80歳前後にな...

ブロマガ開設のご挨拶

 先日から今後の文書伝道について思案していたことがあります。それは、ご承知の通り5年前から発信しているブログを通してまとまった各種の原典を元とする資料を提供する場合、送受信する双方にとって最善の方法を探ることです。 別サイトのHP<天理と刻限>にUPすることも考えましたが、あまり安易に公開しても読者の反応は全く不明のままに終るので、過去の経験からみても著者の努力が全く報われず水泡に帰してしまう恐れ...

教祖の口伝から=4つのお話

 資料を整理していたら口伝のメモが出てきました。出典は確かで教祖の口調そのままを伝えたものですから、以下に紹介することにいたします。すでにご承知の方があれば読み過ごしてください。  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜「千里つづいた藪の中を、針のとぐわで、道をひらくような心で通れ。この道は、山中のはえこもった所に、道をつける。ふみしめ、たたきしめて道をつけるから、道がひまどる。ご...

ブロマガ<人体をモデルとする組織論>

  人体をモデルとする組織論   (人体こそ最高に完成された組織のモデル)   植田義弘 WEB用ファイル/300円   [目 次] 1.「体」と組織の関係  2. 情報の役割 3. 組織の一体性  4. 開放システムにおける頭脳の役割 5. コミュニケーションの重要性 6. 頭と手足 7. 健康診断と組織改革 8. むすび  みき教祖は明治18年3月28日山田伊八郎・敷島初代に直々次のような話をされた記録が残っ....

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム