ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2014年11月 ] 記事一覧

11/25 月例会報告

 復元と応法の二重構造 早くも秋の終わりに近づき天理市内のイチョウが親里大路を黄金色に染めている。余談だがイチョウはもの忘れを防止する薬効があり、医薬品としてドイツに輸出されているとの情報を耳にした。またイチョウは2億数千年以前から生存している生命力の強い植物であり、おまけに銀杏の実は茶碗蒸しの料理に欠かせない食材でもある。その大樹の並木が親里大路を彩っている。 その親里で25日の午後、三島公会堂に...

11/25(火) 月例会案内をかねて

「天理教史の真実」(つづき) 10月末の例会報告で「応法の道」の再認識、つづいて11月初めには戦争中の教会制度「革新」について過去の歴史をふりかえった。その目的はあくまで過去が現在に重大な影響を及ぼしていることを自覚する必要があると気づいたからであった。 ところが、教会制度の改変について読者の反応が全くないので不可解な思いになっている。今さら過去の歴史を知ったところでどうしようもないと受け取られたから...

「3だけ主義」からの脱却

 「3だけ「というのは「今だけ・金だけ・自分だけ」の3つの「だけ」しか心にない考え方のこと、と藤原直也氏は強調している。藤原氏はネットやマスコミで活躍中で、毎週土曜朝のNHKビジネス展望のラジオ放送も担当している。 藤原氏は経済アナリスト、NPO理事長、政治・国際情勢・リーダーシップに関する独自の分析をもとにコンサルティング、その他講演・執筆活動を展開している。またロハス体験学校も主催している。ロハ...

天理教史の真実(その2)

 教会制度は戦争中に「革新」された(このブログ記事末尾に参考資料の無料提供についての案内を追加しています)「された」というよりは軍部独裁政権から強制的に「させられた」というのが実情であった。それは教会制度に現在も重大な悪影響を及ぼている大「革新」であった。しかし、その革新の実情は、私の知るかぎり、当時の「みちのとも」は別として戦後に公刊された資料には全く報じられていない。唯一の資料としては、平成10...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事