ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2013年09月 ] 記事一覧

9/25月例会報告

 わが道を実行した体験 今月は涼しい初秋の候になるとの予想が外れて、昼間はけっこう気温が高かった。それでも夕方になると、窓から入ってくる秋の風が肌を撫でてくれた。 参加者は15名(うち女性3名)だが、70歳に近い初参加者(男性)は、自己紹介をかねて過去の半生を語られて、みんな熱心に耳を傾けた。「教会から卒業」しようとして青年時代から今に至るまでの苦難に満ちた人生の物語は、いかに「わが道を行く」ことr...

9/25<月例会のご案内>

猛暑を乗り越えて残暑になったかと思えば、台風や突風の被害があちこちで発生しました。被害を受けた方々に心からお見舞い申し上げます。大和の北部地方は、海もなく川も少ない盆地なので、災害とは無縁ですが、変動が少ないために保守的・閉鎖的になりやすい傾向があります。大きな節がなければ成人できないことは確かです。 こんどの柔道事情の節を教内全体の問題として反省し、大きな節と受け取って反省し、将来に活かすことを...

新刊発売10日目の実情報告

 2冊目の『泥海古記の真実』刊行が決まったと学研の編集長から電話を受けたのは7月半ばであった。それから最終的に書き直したワープロ原稿を送信して、校正刷りが出たのは20日ほど後で、8月下旬には見本が送られてきて月末には発売という目まぐるしい経過になった。 2冊目の発行は、ちょうど1年間に初めて1冊目が出版された時と同じ時期に当たっていた。学研グループは13の分野にわかれて東京五反田の学研ビル内に事務所...

8/25 月例会報告

 最新刊のお知らせをかねて 当日は前夜までの雨も上がり、つい最近までの暑さがどこへいったのかと思われるほど、しのぎやすい午後となった。扇風機の風が心地よく汗を乾かしてくれた。参加者は17名(内女性2、初参加1)で、配布した資料はネットからコピーしたもので、8月の終戦記念日が過ぎたところだから、戦争と平和がテーマであった。 その一つは広島原爆の日にアメリカから来日して公演したオリバー・ストーン監督の...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム