ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2013年07月 ] 記事一覧

7/25月例会報告

 成ってくるのが天の理 毎年のことながら7月は汗をかきながらの例会であった。部屋にクーラーはなく扇風機4台がフル稼働。原発と違って汚染の恐れはない。 参加メンバーは途中参加を含めて21名(男16/女5)で、男女それぞれ初めてのめずらしい顔も見えた。 恒例によりイオンで購入した「富士山のしずく」とラベルを貼った天然水500mlと配布資料その他を机上に並べる。茶菓は知れたものだが、富士山の水には天然パナジウム...

7/25<月例会のご案内>

昔から「梅雨明け十日」と言って、十日間は最高に暑くなるとか。その後もにわか雨とか雷雨とか、荒れ模様の天気が続くのは、やはり世の中が荒れているからだろうか。政府は「日本を取り戻す」とスローガンを掲げているが、どの時代に逆戻りするつもりなのか、小泉首相以来、大企業の内部留保は260兆円を超えるのに比例して、非正規(派遣)社員は労働者全体の36%に増えているとか。この10年、経営者の収入は倍増したが、一般市...

サンショウウオをめぐる連想

7月10日過ぎ、所用あって奈良県宇陀市役所を訪ねた。榛原町と合併して宇陀市になった市役所は新しく立派な建物である。その1階ホールの正面に生きている大サンショウウオが展示されていた。ちょうどデジカメを携行していたので、興味半分にその姿を写真に撮ってきた。(展示されていた大サンショウウオ) 4億年前の地球では、マントル対流による大陸の大移動と地殻変動が起こった。三大陸の衝突による合体とともに海が消滅した...

つとめ場所と神殿

 6/25付のブログでは、月例会報告として配布資料の補足説明をした。その資料の中に、明治40年当時の神殿周辺の建物平面図と当時のお屋敷として、今の鏡やしき・ぢばと礼拝場とは比べものにならないほど狭くて質素な神殿の見取図と写真を紹介した。しかも当時の教勢は6~700万人の信者数を数えたもかかわらず、本部の神殿ふしんを最後まで打ち出されなかったわけを解説した。 一方、前々回6/14付のブログ「身の内はな...

朝日新聞6月29日付 意見広告

 その日の朝日朝刊の11面全面に、賛同人3,472人の姓名を鳩のイラストを背景にギッシリ印刷した意見広告が掲載された。同じ世代に属する者として私は大いに同感するところがあった。 じつは、ある知人が日頃の私の思いを汲んで、寄金を添えて私の姓名を申し込んでくれたことを後から知らされて感謝している。ただし姓名は虫メガネがないと読めないほど文字が小さかった。 以下にタイトルと本文を入力してUPするので一読される...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事