ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2013年02月 ] 記事一覧

2/25 月例会報告

 平和 〜「元の理」〜 刻限 当日と翌26日ともに早春の訪れを実感できるような天気であった。2月は恐らく参加者が半減するものと予想していたが、遅れて参加されたメンバーを含めて最終的に19名(内女性4名)となった。初参加は「天理教平和の会」事務局長の矢野太一氏であった。2月10日に81回目の誕生日を迎えた私としては、今年3つ目のチョコをRさんから頂いて改めて嬉しい思いをした。 矢野氏が参加された目的は...

2/25<月例会のご案内>

 去る2月15日のロシア領土内への隕石落下のニュースは世界中で驚異の的となった。しかも17日の日曜日、朝8時からのテレビ4chサンデーモーニングに出席していたコメンテーターの大学教授が隕石落下のニュースにふれて、落下地点の近くに大きな核施設があったのは原発に対する「神の啓示」ではないか、再稼働を改めて考え直す必要がある、という意味の発言をしたので、その思いがけない言葉にハッとした。 確かに2/16付...

奈良宗教者平和協議会(宗平協)での講話

 善と悪とはみな現われる=横暴な権力の過去と現在 昨日16日の土曜日午後3時から開かれた総会後に、私は上記のタイトルで1時間の記念講演の依頼を受けた。会場は奈良市紀寺町の超願寺であった。境内に広い墓地や駐車場を備えた古寺であった。 参加メンバーの殆どは奈良県内のお寺の住職で構成されているのだが、その場には天理教平和の会の中心メンバーも大阪や三重県から特別参加して下さった。 以下に、その時のメモから最...

(続)122年前から見た現在の天理教

 前回の終わりに「たすけ」の具体的な目標を提示したいと約束した。しかし考えてみると、私個人が提案するよりも、教祖130年祭推進委員会、天理大学、おやさと研究所などの公的機関がリーダーシップをとって、たすけの目標や段取りを具体的に提示して頂くのが本筋であるが、その準備が進められているとは聞いていない。 現代社会のニーズといっても、やはり個人の身上・事情の「たすけ」が基本であることは申すまでもない。ただ...

122年前から見た現在の天理教

 古い話になるが、明治24(1891)年10月28日の朝、岐阜県美濃地方、愛知県尾張地方が猛烈な地震に襲われた。マグニチュード8.0、最大級といえる内陸直下型の濃美大地震であった。その烈震で岐阜地方気象台の地震計の針が振り切れてしまうくらいで、同月31日までの3日間に、烈震4回、強震40回、弱震660回、等々を合わせて720回を数えたと記録されている。地震を感じた範囲は東は東北地方から西は九州全土に及び、全国で死者は7,2...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事