ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2012年04月 ] 記事一覧

4/25 月例会報告をかねて

 組織・制度の具体的改革案、その他 連休に入って東京から3人の孫たちが帰ってきてマゴマゴしていたので、報告が遅くなった。25日当日の参加者は12名(内女性2名、初参加なし)であった。18日の教祖御誕生祭に帰参された常連のメンバーからは、今月25日は参加できないとのメールを頂いた方もあった。 最初にテーマの問題提起から始めるのだが、途中からはグループごとに自由な話し合い・ねり合いの形になり、個人的に身心の...

<4/25 月例会のご案内>

春暖の候、天理市の道はあちこち桜の花びらで彩られています。誕生祭のあと連休前の25日に帰参される方のご参加を期待しています。急に会場を変更する場合もありますので、下段の携帯番号をメモしておいて下さるようお願いします。◆日 時 4月25日(水)午後1時30分~5時◆会 場  中和詰所4階      1階ホールからエレベーターで4階まで上がった処の      案内板に部屋番号を記した紙を貼っておきます   ...

「目からウロコ」? の情報

 その情報の出典は、角川ONEテーマ21新書の1冊『日本を追い込む5つの罠』(カレル・ヴァン・ウォルフレン著)で、著者はオランダ人のジャーナリスト。1970年代から特派員として日本に滞在し、わが国の特殊な政治経済システムを分析した著書で知られている。その後オランダに帰国してからも、客観的な視点で日本へのアドバイスを発信しつづけている。 最新刊された上記の本で、何より重要な原子力発電に関連する章の一部を読ん...

★緊急★「ちょっと待って、再稼働!」

 引き続き<至急拡散>のお願いメールが入りましたので、転載して紹介します。 呼びかけ団体は「国際環境NGOグリーン・ピース」です。 http://www.greenpeace.org/japan/noda3/?sup20120414★私は次のようなメッセージを送りました。「原発は大自然に対して仕掛けた無謀な戦争です。絶対に勝ち目はありません。目先の利害に囚われていると袋小路に追い詰められます。自然エネルギー応用のための予算さえ保障すれば、日本は世...

★緊急★【4月12日午前10時まで】<拡散希望>

「みんなの電力宣言」で、原発の再稼働を止めよう! 私たちは原発からの電気は使いたくない! そんなストレートな声を、野田さんに、枝野さんに、そして意思決定に関係するすべての人たちに示していきましょう!!(呼びかけ団体URL)  http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-248f.html 一次締め切りは4月12日(木)午前10時です。 下記のURLをクリックして表示されるフォームに記入してください。(20...

野田政権の政策に異議あり

 目を教外の状況に転じると、ここでも無関心でいられない事情が次から次へ山積している。野田首相は、消費税アップに政治生命を賭けると頑固一徹な態度を表明している。北陸出身の粘り強さだけは大したものだが、客観的な情勢判断がなければ、結果は逆にマイナスとなるに違いない。 その他、被災地瓦礫の他府県への拡散、大飯原発の再稼動など、納得できない政策が実行されようとしている。 みんなの党の江田憲司はブログで次の...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事