ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2011年03月 ] 記事一覧

教祖が迫害を受けた理由について(その1)

(はじめに) 今、日本人の長所については世界中で再認識されている。「たすけ合い」「義援金」「救援隊」「ボランティア」など、150年前に教祖が難渋な人々に施され、自ら通られた たすけ一条の道は、今では社会のすべての人々から善行として認められている。 天理教という教団に対する見方は別として、いま、教祖ひながたの道を非難する日本人は誰一人いないだろう。 しかし、そんな日本人が、幕末から明治にかけて、なぜ教祖...

外国から賞賛の声

 福島原発の緊急事態に対する政府・官僚・東京電力、つまり「高山」(指導層)の対応は別として、日本の民衆への賞賛の声は世界中に広がっていることは、マスコミによって報道されている。 昨夜の真夜中1時過ぎ、NHKラジオ深夜便のワールドニュース(ワシントン)でも、アメリカでは日本人の冷静さ、規律正しさなどに賞賛の声が広がっているとの現地からの報告を聞いた。 例えば、倒れた家の下敷きになって足を骨折した中年の...

福島第一原発の真相

 福島原発の震災事故は未だ解決していない現状です。 この際、政府や原発、さらには原発推進派学者の「奥歯にものが挟まった」ような説明ばかり報道しているマスコミ以外に、利害関係のない客観的な反対派の提言に耳を傾けるべき時です。 その意味で、私が得た情報サイトを下記にリンクしておきます。但し、これらの情報は3月23日の時点で発信されたものですから、ご了承ください。(すでにご承知の場合はパスして下さい)★福...

被災教会(宮城)からのメール転送

 救援物資に協力して下さった一読者(samさん)から以下のコメントが届きましたので、参考までにコピーして公開したいと思います。 現地の状態は刻々と変ってきているようですので、ぜひ一読されることを期待します。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~こんにちは。いつもブログで勉強させて頂いております。被災地の状況が変わってきているという旨のメールがきましたので転送いたします。-----------...

3/25月例会報告 その他

 今月の参加者は10名であった。先月に初参加された教会後継者の方が女性ようぼくを1人同伴して、続いて顔を見せて下さった。正確に言えば、後継者といっても教会の長男ではなく、80才の現会長が独りになってしまった所属教会の後を、自分が導いた人々と共に継ぐ心定めをしている奇特なようぼくなのだが、その代わり自分の信念を通すことが条件であるとか。。 25日の直前に、救援物資の配送をお願いするメールをブログに転...

3・11 をふり返って

 昨日は月例会、今日26日は月次祭、いずれも午後から会合に出て、東北大震災や原発事故をはじめ、さまざまな情報交換をした。その内容は後日に報告することとして、いま一度11日からの経過をふり返ってみたい。 前にも記したことだが、大震災のあった11日午後、私は大阪の公共ホールで66年前の大阪空襲のため障害者となった人々を支援するためのイベントに参加していた。同じ戦争中の前日3月10日には東京大空襲があり...

<至急>救援物資について(追記)

 あて先の混乱について救援メールの発信元へ連絡したところ、次の返信が届いた。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~別の方が直接 高橋さんにコンタクトをとられてこのようなコメントが返ってきました↓連絡がとれ、お話させていただきましたところ あの日記に記載されている内容は、先週のことで 今の必要品は ・下着(メンズ・レディース・ベビー) ・靴下(メンズ・レディース・ベビー) ・歯ブラシ ・歯磨き粉 ...

<至急>再度の訂正とその後の報告

 宮城県の避難所への救急物資の件ですが、先ほど山名詰所へ確認の電話しましたところ、被災地への発送は昨日で終了したとの返事で、又また訂正が必要となりました。私自身、今朝から系統の月次祭をつとめて帰ってきたところです。 そこへ次のコメントを頂きました。「山名詰所からは便が出ないようです。 昨日、ヤマト便で送ったものが もう届いたようですから、現地(あて)の方が良いと思われます」 何が何やら混乱してしま...

救援品の送り先(訂正です)

 昨晩のメールによれば、救援物資は宮城県の教会の住所ではなく、天理市内の「山名詰所」あてに送って頂くほうが確実に届く、という連絡がありました。その場合のあて先は、下記の通りです。〒632-0017天理市田部町110天理教山名大教会詰所( 電話0743-63-2211)  松山町分教会 高橋伸実さま宛 今頃になって訂正して申し訳ありません。 すでに義援金の募金に応じられている場合、自治体を通して、まとめて購入した救援物...

現地から救援を求める声

もうご存知のかたもおられるかもしれませんが転送の転送で、私のところにきましたのでお伝えしておきますできましたら拡散をお願いします 高橋君は、天理大学OBです  やまさき~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~上のような書き出しで、知人から緊急のメールが転送されてきた。ジッとしていられないので、そのメールを原文のままブログに転載することにしたい。私も早速スーパーで缶詰やカップめんなど保存食を仕入れ...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム