ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2011年01月 ] 記事一覧

1/25 ミーティング報告

 さすがに1月は25・26日ともに寒さを実感した。とはいえ、北陸や東北地方の大雪を思えば、大和の冬は凌ぎやすいので有難い。 会場の詰所には、今月から新しいファンヒーターとポットが備え付けられていた。その代わり部内教会は1年間月々3千円の積立てを続けることになっている。築後26年ほど経っているので、備品に寿命がくるのも無理はない。 今月は年の暮れ12月とは打って変わって、部屋へ入って来るメンバーは皆おな...

「ろくぢ」こそ神意の核心

 明治20年から数えて124年目の1月26日が巡ってくる。 改めて心を定めるとすれば、26日前後の教祖と初代真柱との問答、飯降伊蔵を通してのおさしづを通して、「一れつろくぢに踏み均す」ことこそ、最後に言い残された神意の核心に違いないことを再確認しなければならない。 次に、この神意に関連あるさしづの節々を読み返してみたい。  明治20年1月13日 教祖を通しての啓示。「さあ/\月日がありてこの世界あり、世界あり...

ラジオ深夜便「ニッポン再発見」を聴く

 眠れぬままに深夜のラジオ深夜便を聴くことが時々ある。数日前も深夜0時を境にミッドナイト・トークという番組で、小椋 佳(おぐら・けい、作詞・作曲家)さんが女性アナウンサーのインタビューに答えていた。「わたしのニッポン再発見」というテーマであった。 小椋氏の話は以前にも「なるほど」と頷きながら聴いたことがあったので、その夜も眠るのを忘れて聴き入った。(NHKラジオ深夜便で2月7日まで公開中) 翌日、小椋...

創作<折り紙童話>誕生の秘密

"月のうさぎと赤のバラ”<折り紙童話「憲」> origamidouwa「ken」(回文)「意欲と折り紙(神)が理を説く宵」=平山 憲子・作 上にダウンロードした画像は、新年早々に携帯メールで受信した。これが初めての画像ではなく、ほぼ毎月1回ちがったテーマの折り紙童話が配信されるたびに、その見事な出来栄えに感心して観賞している。 ちょうど今年の干支に当る「うさぎ」が主題になっているので、天刻サイトの表紙イメージに借用...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事