ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2010年11月 ] 記事一覧

11/25 ミーティング報告

 親里大路はイチョウ並木が黄金色に染まっている。イチョウは天理市の市章でもある。落葉を掃くのは大変だが、高価な銀杏の実が稔るのだから文句は言えない。イチョウの樹は雌雄別々だから、他の植物より進化しているのかも知れない。(因みに昨日天刻サイトの表紙に、イチョウの落葉で染まる親里大路の写真を挿入した) 今月25日はまだ冬の気配はなく暖房の必要がない暖かさで、参加者は12名(女性2名のうち初参加1名)であ...

大義を貫いた根本司令官

 戦争のテーマ続きで恐縮だが、もう一度だけ是非お伝えしたい実話がある。前回に報告した「大淀町の戦争語り部」について取材を続けている過程で、語り部の1人・森勝彦さんから根本司令官の話を聞いた時は目からウロコの思いであった。 元・大淀町の町長であった森さん(78歳)は、終戦を内蒙古の張家口という町で迎えた時は13歳の少年だった。終戦直前にソ連が日ソ中立条約を一方的に破棄して参戦し、蒙古や満州に侵入して略...

私のひのきしん報告=吉野郡大淀町の戦争語り部

 じつは9月末から奈良県吉野郡大淀町という人口2万の町へ5度か6度か軽四で往復した。そのきっかけは、毎日新聞奈良版の記事にあった。その記事には、町の教育委員会に事務局を置く学校支援地域本部の主催で町の文化会館を会場に、戦争体験の語り部による「体験を語りつぐ会」と展示会をもち、小中学生ら約70人が聴き入ったという。 その記事を読んだ私は、学校支援地域本部あてに戦争証言サイトの紹介資料を送ったところ、...

<月例ミーティングご案内>

 早くも年末まであと1ヵ月半となりました。何かとお忙しい中と拝察しますが、 万障お繰り合わせの上、ご参加を期待しています。◆日 時 11月25日(木)午後1時30分~5時◆会 場 中和詰所4階     1階ホールからエレベーターで4階まで上がった処の案内板に     部屋番号を記した紙を貼っておきます(当日まで部屋番号未定のため)(所在地)〒632-0035 天理市川原城町350 中和詰所/TEL 0743-63-4166    ...

ダライ・ラマ 14世の講演を聴いて

 思いがけない機会に恵まれた。去る8日、チベットのダライ・ラマ法王(75歳)が奈良を訪れて、東大寺大仏殿の北側にある後堂広場で3000人の一般聴衆の前で1時間半にわたる講演と質疑応答があった。奈良県内の著名な寺院でつくる実行委員会の主催により、「縁起に基づき平和と環境のためになすべきこと」が演題であった。 ダライ・ラマ14世は、何よりもノーベル平和賞を受けた「平和の使者」として非暴力と対話を重んじることで...

新藤監督(98歳)最後の反戦映画を制作

 新藤兼人といえば、脚本家・監督として知らぬ人はない。その人が今年98歳になって、遺言として書き上げたシナリオをもとに最後の作品「一枚のハガキ」を監督した。 先頃、その撮影現場を中心に新藤監督の姿を追った2時間のドキュメンタリー番組がNHKで放映された。その新作映画は、自身の戦争体験を題材にした最初で最後の作品になるという。撮影現場でお孫さんが付添う車椅子に乗って、4年前に完成したシナリオの絵コン...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事