ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2010年10月 ] 記事一覧

10/25 月例ミーティング報告

 今月は中秋の季節で、暑くもなく寒くもなく最適であったが、あいにく前日からの雨が断続して降っていた。足元のわるい中を、参加者も断続して部屋へ入ってきて、終わる頃には総勢16名になっていた。その内、女性は7名、初参加は3名(内女性1名)であった。今まで1人で参加していた方が、夫婦同伴された場合も3組あった。この傾向は大いに歓迎したいものだ。 じつは、参加者の中で「みさとブログ」の読者は半数にも足りな...

<月例ミーティング案内>

 10月大祭の前日、何かと行事が多く時間のない方が多いことでしょうが、 ご都合のつく方は気楽にご参加くださることを期待しています。◆日 時 10月25日(火)午後1時30分~5時◆会 場 中和詰所 4階     1階ホールからエレベーターで4階まで上がった処の案内板に     部屋番号を記した紙を貼っておきます(当日まで部屋番号未定のため)(所在地)〒632-0035 天理市川原城町350 中和詰所/TEL 0743-63-4166 ...

NHKラジオ深夜便の新井 満インタビュー

 今月初旬の夜、寝つきがわるく気分転換のつもりでラジオのスイッチを入れると、ちょうどインタビュー・スペッシャルのお相手が「千の風になって」「この街で」の作詞作曲家 兼 歌手の新井 満さんであった。  例によって何気なく聴いていると、だんだん引き込まれていった。とくに後半、母が「産婆」の金看板を掲げ、新潟で3千人は下らない赤ん坊を取り上げた助産婦だったこと、その母が口ぐせのように言っていた言葉「どんな...

纏向遺跡から桃の種2000個が出土した

 昨年11月に天理市の南10キロにある桜井市の纏向(まきむく)遺跡が大きな関心を呼んだことがある。邪馬台国に君臨していた卑弥呼の宮殿と推定される3世紀頃の大型建物跡が発掘されたからであった。そのニュースに関連して、当時のメルマガに私なりの感想を書き込んだことがある。  それから10ヵ月後の9月中旬、今度はその建物跡に隣接した土地を発掘調査した結果、大型土坑の底から種々の祭祀用具とともに桃の種2千点あまり...

メルマガ・アンコール

<心のテープ>(121号)邪馬台国は桜井に? (2009/11/25配信) 先日11月11日の各新聞朝刊で、大々的に奈良県桜井市の纏向(まきむく)遺跡の発掘結果が報道された。毎日新聞の見出しには、<卑弥呼の宮殿か/纏向遺跡に大型建物跡/邪馬台国と同時代 大和説前進> という文字が並んでいた。ご承知かと思うが、その遺跡は天理市と桜井市の境目にあり、おぢばの南方ほぼ10キロに位置している。以下、書き出しの部分をコピーする...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム