ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2010年08月 ] 記事一覧

緊急お知らせ(追加)

 前回お知らせしました今月25日のミーティング会場について、参加を予定されている方にお知らせいたします。 じつは先月クーラーのない部屋で暑い思いをして頂いたのですが、詰所と交渉して、今月に限りクーラー付の会議室(同じ4階の和室)を使わせてもらうことになりました。 部屋の位置は4階に上がった処の案内板の貼紙をごらん下さい。 ウチワやハンカチは不要ですので、ご安心ください。 ...

お知らせ

 <月例ミーティング案内> 近畿圏内の皆様および当日帰参される方が対象となりますが、ご都合のつく方は 気楽にご参加くださることを期待しています。 但し、室内にはクーラーがないため、大汗をかく覚悟でハンカチをご用意ください。 (下旬には少しは涼しくなることを期待するばかりです) ◆日 時 8月25日(水)午後1時30分~5時◆会 場 変更はなく、いつもの中和詰所4階です。     1階ホールからエレベータ...

平穏な死を望む=平穏会の趣意について

 私は丸6年前から戦争体験の証言を語りつぐために、男女を問わず今も生存している高齢者を取材してきた。それは戦後60年目に当たる平成17年の前年に思い立ち、現在までに98歳から70歳まで100名を超える「戦争を語りつぐ証言集」をネットで公開している。戦後65年目に当たる今年、原爆の日前後の10日間で、上記のサイトには3000人超のアクセスがあり、延べアクセス数は17万5千人超になっている。 戦争中の死者310万人のうち凡そ...

アンコールをもう一度

(107号)戦争を起こす元兇は「高山」(権力者)だ。 配信日:2009/8/20 (注記)前回に続いてメルマガのアンコールをお許し願いたい。記事の内容は前回と関連していて、やはり戦争の根底にある原因は、親神様の神意に反する「上・高山」の権力欲、支配欲にあることは間違いない。 今年の戦争関連番組でNHKから放映された「玉砕=その隠された真実」を視聴して、益々その思いを強くした。全滅を玉砕という美名にすり替えて戦場...

アンコール(1年前のメルマガ)

メルマガ<心のテープ>(106号)8月6・9・15日を忘れない 配信日:2009/8/13 (注記)ここに1年前のメルマガ・アンコールを再度お目にかけることができるのは、一読者の有難い協力あればこそなのです。そのわけは、以前にも報告したのですが、2年と4ヵ月にわたり毎週発行した123号分のメルマガのテキストを、パソコンの操作ミスで削除してしまい、二度と再読不能と諦めていたとき、メルマガ全号の保存ファイルを提供して下...

広島原爆の日

 今日8月6日、広島市では65回目の原爆祈念式典が行われた。8時15分、原爆が投下された時刻に合わせて平和の鐘が打ち鳴らされた。 パン・ギムン国連事務総長やムース駐日米大使の初めて談列する姿があった。 秋葉広島市長は「核の傘」からの離脱を訴え、「核廃絶の機運が高まっている今こそ日本政府の出番であり、先頭に立つべき時と確信します」と挨拶した。 その要請に応えて菅首相は挨拶の中で「憲法を順守し、非核3原則...

「切る理・つなぐ理」をめぐって

 今の世の中の常識から言えば、すべては「もの」が基礎だから、実証できる「もの」しか信じない、ということになる。その前提として、唯物的な科学が万能の神に代わって君臨している。 例えば人体にしても、各種の内臓、脳の神経など、すべて生化学物質から出来ている。その最小単位となる細胞も物質であることに変わりはない。人体の基礎は、そうした「もの」から構成されていると同時に、全身を循環して細胞に栄養を供給してい...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム