ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2010年07月 ] 記事一覧

続「息を引き取るご守護」の妨害=「平穏死」について

 若い読者にとっては「死」のテーマはピンと来ないかも知れない。縁起でもないという思いだろうか。家族の中に少なくとも1人や2人の高齢者はおられる筈だが。私としては黙視できないテーマなので、前回の補足と展開のために書き進めたい。  現代の「駆け込み寺」ともいえる特養(特別養護老人ホーム)の入所者は、殆どが多少とも認知症になっている女性の超高齢者だから、特殊な事例と受け取るべきだろうか。たしかに80代から...

お知らせ

♪ブログ<姫路のじろりん>をリンクしました♪ すでにお気づきの方もあると思いますが、左フレームにある<リンク>の項目に上記の愉快なブログをリンクしています。もちろん「じろりん」はニックネームで、レッキとした教人であり、長兄は生家の教会を継いでおられます。 個人情報の紹介はこれくらいにしますが、あとはプロフィールをごらんになれば分かるように、若い頃の10年間、東京の芸能界で活躍されていました。 姫路へ帰...

息を引き取るご守護の妨害=介護と医療のはざまで

 数日前の深夜、ふと目が覚めたので、手を伸ばしてラジオをつけてみた。いつものようにNHKラジオ深夜便の放送中であった。たまたまその晩は、<高齢者の”看取り”と向き合う=特別養護老人施設・常勤医 石飛幸三氏>のインタビューが始まっていた。 自分にとって介護は他人事と思いながら聞いていたが、そのうちに石飛医師の深刻な話に眠るどころではなくなった。これは無神論どころではない、反神論というべき生死に関わる大...

ひのきしんで「大難は小難」

 つい3日前のこと、ガソリンを入れるため行きつけのセルフ・スタンドへ立ち寄った。給油スタンドの前で燃料タンクのキャップが開かずに苦労していたら、店員が側へ寄ってきて開けてくれた。その上、リッター2円引きのサービスカードを機械に差し込んでくれた。 ひとまずガソリンを入れ終わり、キャップをゆるい目に締めて運転席に乗り込もうとしたら、さっきの店員が右前輪の下を指さして言うことに、「シャフトのゴムカバーが...

未来と過去へ拡大する意識

 人間の特徴の一つは、目や耳などの感覚(五官)を超えた世界を意識することにある。未来や過去は目に見えないから、通常の感覚では現在しか認知できない。以前に書いた「裏の道」も目に見えない心の世界に意識を向ける道であった。人間以外の動物は、ほぼ感覚だけに依存して自然のままに生きている。人間だけが未来の理想や前世を含めた過去に意識を拡大することができる。  元初まりの話を心に治めるのは、最初にひながたの種...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事