ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2010年05月 ] 記事一覧

ゴミ箱に入れて空にした書類フォルダ

 昨夜のこと、ファインダーの中の「書類」フォルダの容量を何気なくチェックしていたら、過去に蓄積した保存分が6ギガ近くになっていた。今まで作成したファイルは、タイトルをつけて「書類」フォルダに入れていた。しかもファインダーの中には、同じファイルを入れた「書類」フォルダが、重複して2カ所に表示されていた。 そこで私は、ムダな容量を減らそうと思いついて、1カ所の「書類」フォルダを「ゴミ箱」にドラッグ・ド...

乱高下する気温と人心

 今年、つい先頃までの気候は、たしかに異常というより調和が乱れている。暖かくなったかと思えば急に気温が下がって冷え込む日々が続いた。 4月頃には、だんだん冬が近づいてくるような気配さえ感じたものだ。5月半ばを過ぎて、ようやく霜が降りる心配がなくなり、早朝に外へ出ても寒いと感じることはなくなった。 CO2による温暖化というより、原因の分からない気温の乱高下とう気がする。つまり、原因は物質だけにあるの...

<月例ミーティング案内>

5月25日(火)午後1時30分~5時◆今月は元通りの時間に戻って午後1時30分~5時の時間帯で行います。 会場に変更はなく、いつもの中和詰所4階です。◆1階ホールからエレベーターで4階まで上がって頂くと、 案内板に部屋番号を記した紙を貼っておきます(当日まで番号未定のため)◆所在地=〒632-0035 天理市川原城町350 中和詰所/TEL 0743-63-4166           (天理市役所西の交差点を本通り商店街の方向へ30...

メルマガ・アンコール(その6)

 アンコールでお茶を濁すつもりはないのですが、左欄のプロフィールや少年期の戦争体験にも関係ありますので、下記のメルマガを再掲することをご了解ください。このメルマガのように、身近な話題のほうが気楽に読んで頂けることは承知しているのですが、つい深刻なテーマに関心を抱いてしまうのです。(19号)58年目の同窓会   配信日:2007/12/6 58年目という意味は、昭和24年に天理高校卒業後の年数で、5年ぶりに同じクラ...

リンク追加のお知らせ

 下記サイトを追加リンクしましたので、お知らせいたします。 <戦争を語りつぐブログ> このブログは、すでにリンクしている<戦争を語りつぐ証言集>に付設しているサイトで、とくに戦争と平和に関連するニュースの記事紹介、新聞・テレビでは報道されないウラ情報、個人的な感想など、時に応じて教外向に書き込んでいます。 最近書き込んだ記事のタイトルを参考に記しますと、*鳩山首相の背信(5/6)*NPT会議と遠隔爆...

(メルマガ・アンコール(その5)

(15号)おやしきの記念建物   配信日:2007/11/8 最近知り合ったばかりの知人から、私が天理市に住んでいると言ったので、メールでこんなことを書いて寄越しました。 「奈良へ移り住み、天理へドライブした時に天理教の建物に圧倒され、最近も京都から友人が遊びに来た時に天理ラーメンが食べたいと言うので天理教の本部?へ向かった時、またまた一段と建て直され?立派な建造物に友人と思わず車を止めて眺めていました。 ...

メルマガ・アンコール(その4)

(13号)与野党の立場と神一条の立場   配信日:2007/10/25 2年半前のこの時点では、まだ政権交代は実現していなかった。が、民主党が政権を握った今でも、同じような状況が繰り返されていると言わずにはいられない。 明治22年憲法が制定され、翌23年第一回帝国議会が開かれ、教育勅語が発布された。その直後のおさしづに、「・・・お陰/\と待ち兼ねたる処、又一つには改正々々という、明治の代という、国会という。知らず...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム