ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2010年04月 ] 記事一覧

わが道を行く(その3)身心一元の理

 おさづけを拝戴したあとの後席で、一人ひとりに「おかきさげ」を手渡される。この「おかきさげ」は申すまでもなく、かつて飯降本席ご在世の頃、おさづけを拝戴した一人ひとりに対して諭された数々の神言を要約されたものであり、決して人間の頭で考えて書いたものではない。その中に、「それ人間という身の内というは、神のかしもの・かりもの、心一つが我がの理。心の理というは、日々という常という、日々常にどういう事情どう...

メルマガ・アンコール(その3)

 (11号)35年前の中島みゆき さん    配信日:2007/10/11 ここ数日、資料を整理していて1枚のコピーを見つけました。なんと35年前の「天理時報」(昭和47年10月8日号)の<クローズアップ>欄の囲み記事に、<72年全国フォーク音楽祭で優秀賞を獲得した中島美雪さん> というタイトルでインタビューが掲載されていました。当時は「みゆき」ではなく漢字の「美雪」だったようです。 中島みゆきといえば、NHK特集番組のテ...

メルマガ・アンコール

 平成19年(2007)8月初めから昨年(平成21年12月)まで、2年5ヵ月の間、毎週1回メルマガ<心のテープ>を配信してきました。号数は全部で124号になります。 じつは、そのバックナンバーを開いて頂けるようリンクしていたのですが、Yahooのメルマガ配信サービスが、予告通り今日で停止しました。それまでに私は、その全号をファイルに保存してあります。いずれ、お望みの方にはそのファイルを閲覧して頂けるように<天刻サイ...

「むねがわからん ざんねんな」

「みかぐらうた」十一下り九ツに、「このたびまではいちれつに むねがわからんざんねんな」 と歌われている。「むね」とは、親神様の親心であり、ひいては「世界ろくぢに踏みならす」ため存命同様におはたらき下さっている教祖の親心である。元なる親の心がわからない人間に対する「神のざんねん」は如何ばかりかと思われる。 親神の存在すら知らない人間は、「ふうふそろうてひのきしん」どころではない。親が子をいじめ殺す日...

お知らせ 2件

<4月25日の月例ミーティングは午後3時から>◎下記の理由により時間を1時間30分ずらして午後3時から始めます。 会場に変更はなく、いつもの中和詰所4階です。 理由とは、同日午後1時から約1時間余り、下記の講座に参加するためです。◎平成22年度おやさと研究所公開教学講座 第1講「谷底せりあげ」とユートピア 講師 井上昭夫(おやさと研究所顧問) 日時 4月25日午後1時~2時30分 会場 道友社6階 (車での来...

追悼 松本滋先生

 訃報に接したのは3月20日、お出直しされた翌日であった。同月28日付の天理時報の訃報欄に、他の物故者よりは長い行数の記事が出ていた。その訃報欄の記事を念のため読み返すと、「松本 滋さん(77歳・東大教会・谿郷分教会長)3月19日出直された。よのもと会講演部講師、大教会理事、天理大学講師、聖心女子大学名誉教授、日本宗教学会常務理事を務めた。宗教学博士。著書に『宗教心理学』『本居宣長の思想と心理』(以上、...

「日本がもし100人の村だったら」

 先日、市立図書館を覗いたら、新刊書の中に上記タイトルの本が並んでいた。「世界がもし・・・」の本は大評判になったことは知っていたので、興味を感じて借りることにした。 著者はNHKの「週刊こどもニュース」という毎週土曜日の帯番組のお父さん役を長期にわたって担当し、今はフリーの池上彰さんで、「世界がもし・・・」の訳者・池田香代子さんが協力している。民放のニュース番組で、池上さん独特の幅広い情報いっぱい...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム