ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Archive [2010年01月 ] 記事一覧

沖縄から帰りました

 28日早朝に天理を出発した沖縄戦跡めぐりの旅から、昨夜30日に帰ってきました。 無事と言いたいのですが、途中2回忘れ物をして、途中で思い出し、後戻りしたり電話で問い合わせしたり、結局2回とも手元に返ってきたので、やはり無事だったことを喜んでおります。 1回目は、那覇分教会へ参拝した時に、忘れないように肩へ掛けていたバッグを、山口国三先生(85歳、前教区長・前会長)と面談しながら肩から外して傍へ置いたま...

鏡としての広告(つづき)

 前回の記事について補足したい。「百匹目の猿」現象とは、ご承知の通り、イギリスの生命科学者ライアル・ワトソンの代表作『生命潮流』(1979)で広く知られるようになった現象で、科学的根拠は確かではないと批判され、いわば、ライアル・ワトソンが創作した疑似科学的な現象ともいわれている。 ネットのWikipedia百科事典の説明は下記の通り。<宮崎県串間市の幸島に棲息する猿の一頭がイモを洗って食べるようになり、同行動...

世上に映る鏡としての広告

 下段に添付した広告の説明をする前に、珍しい「おさしづ」の一節を拝読することにします。「・・・世界には新しい道が千筋も出来て来た。どんなよふぼく出来るやら分からん。あちらの国からよふぼく、こちらの国からもよふぼく、高い山にも山の背腹にも谷底にもある。低い所から引き出すには引き出し難くい。高い所から引き出せば早い/\。高い所のよふぼくはする/\と下りて来る。どんなよふぼく寄せてどんな仕事するやら分か...

1月天刻の集い ご案内

 標記の通り、月例の気楽なミーティングとして、引き続き10回目の 集いを下記の通り行いますので、ご都合の許す限り、参加して下さい ますよう期待しています。 ◆日 時 1月25日(月) 午後1時30分~4時30分 ◆会 場 中和詰所 4階    ◎所在地=〒632-0035 天理市川原城町350 中和詰所               TEL 0743-63-4166       (天理市役所西の交差点を本通り商店街の方向へ30m)    ...

世上に映る鏡

 近未来の予測についてマスコミが報道しない情報を紹介するつもりだったが、その前に、最近に至るまでの社会的状況の変化から何を学ぶべきかを確かめてみたい。「ぢばも鏡なら世上も鏡、世上の理も映れば ぢばの曇りも皆映る」(30.2.1) この原典おさしづの一節にもあるように、世上の鏡に映る物事から神意を悟ることができる。しかし「四方正面鏡やしき」といわれる ぢばが曇れば、世上の物事が鏡に映らなくなることもあり得る...

年の始めに思うこと

 年末年始にかけて新聞・雑誌・テレビなどマスコミは、例外なく景気回復や経済成長や日米同盟はどうなるか、などと目先の利害得失ばかり気にしたニュースを流している。現実はいつまでも変わらないで続くかのように錯覚しているのか、わざと危機に気づかないよう情報操作しているのか、と疑いたくなるのは私一人だろうか。 私がマスコミを信じられないのは訳がある。65年前までの戦争中、そして終戦の日まで、正しい戦局を伝える...

連絡先(お問合わせ)

<連絡先>☆メール    misato1932@yahoo.co.jp☆住 所   〒632-0075       奈良県天理市西井戸堂町522-14        御里分教会内 みさと編集室☆TEL & FAX 0743-63-1961◉お問い合わせは上記いずれかへお願いします。...

新年のご挨拶

 賀 正   平成22年(2010)元旦 新年を迎え 読者諸兄姉の 益々のご健勝 ご清栄を祈り上げます 今年も相変わらず おつき合いの程 よろしくお願いします                    みさと編集室 代表 植田 義弘...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム