ブログ<原典からの出発>(<心のテープ>改め since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Category [教祖・原典・教学 ] 記事一覧

その後、10日間の感想と報告

「かんろだい倒壊」の節から10日を過ぎ「こどもおぢばがえり」も終わり、今月24日には建て替えの祭儀が執り行われると発表されました。もし木製の柱(雛型)を建て替えるだけで済ますのなら、また跳び込んで柱を倒そうとする青年が現れるのではないか、との声を聞き流すわけにいきません。 ところで先月25日、会場を変更して開いた例会の席上で、「とめふで」が「おさしづ」の1つと受け取れるかどうかの問題提起があり賛否両論が...

原典資料「鏡やしき・ぢばの理と人間の責任」

上記の原典資料は、このたびの「かんろだい」倒壊事件と密接な関係があることを明らかにしています。このたびの節から芽を出すためにも必読の資料となることを自信をもってお伝えできます。前回に報告しました「かんろだい問答」とともに、一読くだされば幸いです。この頁からダウンロードできるようにリンクすればいいのですが、今のところアプリの故障のため設定不能になっていますので、ご希望の向きは下記メールアドレスあて...

7/25 月例会報告をかねて

7/26 雛型かんろだいの倒壊事件再発おぢばの雛型かんろだいが7月26日夕勤め前に一青年によって倒壊されました。この情報の第一報はその直後、本部在籍者の一知人から電話で知らされました。夜には京都市内の教会長(教友)からもCメールで通知がありました。その後、ちょうど現場に居合わせた教会長から間接的に聞いた事実を含めて報告しますと、ぢばへ青年(32または36歳?)が飛び込んだ瞬間に気づいた本部詰員の先生が停めに...

一キリスト教徒のブログをシェア

異教の地「日本」~二つの愛する”J”のために! 言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。 http://blog.goo.ne.jp/koube-69[自己紹介]キリスト教プロテスタントの信者。1945年生まれの「最後の戦没者遺児の一人」だから、ののしりあい戦争の準備をする今の世相に抵抗したい。若い方が国の捨て駒にされず、互いの命を大切に思う平和な日本を望む。〜〜...

6/25 月例会報告

 延期された刻限の理について 6/25当日は何事もなく過ぎ去りました。朝鮮戦争が始まった記念日であるのに北朝鮮が何もデモストレーションをしなかったのは、最悪の結果を恐れたからでしょうか。 やはり人間には先のことはわからない、過去の刻限も後から神意を悟ることができたのですが、その中で昭和20年8月15日の3度目の刻限については、その「一日の日」が刻限であったことさえ未だに自覚されていないのが実情です。 思...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム