ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Category [社会事情 ] 記事一覧

東日本大震災から丸6年

 東日本大震災から丸6年を一日過ぎてしまいました。未だ行方不明のままの犠牲者が2500人以上もあると知って驚いています。 そしてNHKラジオ深夜便では10日の深夜から「震災怪談−被災地の本音をどう語り継ぐか」のタイトルで怪談作家・黒木あるじ氏の対談が放送されました。たまたま目を覚まして聞くともなく聞いたところでは、福島の海岸沿いの被災地では、犠牲となった身内の霊が家族の側を訪ねて声をかけたり、携帯電話で...

10/25 月例会報告

さまざまな「刻限」のきざし 秋の大祭前日にあたる25日、天理市内は車の通行が増え本部の周辺は通行止めになる。今年も例外ではなかったが、教祖百三十年祭とは違って空きのある駐車場もあった。とにかく26日直前だけ親里は賑やかになる。一方、本通商店街で売行き一番の吉川屋こんぶ店が三島本店を除いて他の支店は閉店するとの話も耳に入ってきた。 他に多くの行事や予定のあるなか月例会の参加者は16名(うち女性2)であっ...

天皇のお言葉放映から1ヵ月

最近 Twitter で下記の記事をツイートしたので参考までに転載します。おことば表明1カ月/政府、今春「退位は困難」と宮内庁に「摂政で」回答/陛下の本気度伝わらず - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20160907/ddm/001/040/197000c お言葉は安倍政権に対する怒りだったと書いた毎日新聞の衝撃 =天木直人ブログより http://xn--gmq27weklgmp.com/2016/09/07/post-5351/ ...

天皇のお言葉の裏にある真意とは?

 安倍政権の最終的な狙いは「中国の脅威を最大限に煽ることで国内のナショナリズムを鼓舞し、それを支持の基盤にして憲法を改正し、戦後の平和国家の枠組みを破棄して戦前型の天皇制国家を復権させること」(高島康司氏の分析)にある。 とすれば、天皇のお言葉の裏にある真意は、幻想に閉じこもる安倍政権と日本国民に対する強い危機感があるのではないか。すなわち「戦前型の天皇制国家を復権させる狙い」をこのまま黙っていら...

象徴天皇のお言葉を拝聴して考えたこと

 過ぎたことを平気で忘れてしまうのが日本人の特徴だが「象徴天皇のお言葉」も同じような結果になってはならない。国民が忘れた頃に天皇の立場を利用しようとする政治的策謀がうごめいているからだ。そこで、歴史をさかのぼり明治以後に急造された国家神道の歪みを正して「象徴天皇」の存在意義を再確認してみたい。 天理教内も例外ではなく、過去を忘れて世間の風潮に流されてしまう傾向にある。しかし教内どころではない、いま...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

アルバム