ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Category [自分史 ] 記事一覧

謹 賀 新 年

意義深い節目の新しい年を迎え皆様方のご多幸をお祈り申し上げますおかげさまで小生、月に一度の定期検診を受けながら、自分なりに精いっぱいつとめております(今年は7回目の当たり年です)この上とも相変わらずご交誼の程 よろしくお願いします。 平成28年 元旦植田義弘〒632-0075 天理市西井戸堂町522-14TEL&FAX 0743-63-1961genten505@gmail.comhttp://tenkoku0805.blog9.fc2.com...

延べアクセス数6万人超に感謝

 当ブログ<原典からの出発>のタイトルに(since2009.12.16)とあるように、この12月で開設以来丸6年になる。途中<心のテープ>から現在のタイトルに変更したが、12月1日現在で61.060回のアクセスを数えるまでに支持してくださった皆さんに感謝したい。FC2カウンターは自己アクセス数を含まないので、1年あたり延べ約1万人、1ヵ月あたり約1千人弱の計算となる。 その間、一昨年12月に頸動脈狭窄症の手術を受け、その前の...

戦後70年目の8月を迎えて

HP<戦争を語りつぐ証言集>を開設して10年 戦争の実態を知るための上記HPサイトは今から10年前の戦後60年の節目の年に思い立って開設した。昭和20(1945)年に中3の13歳だった私は、8月15日を境に一夜の間に180°オトナたちの言動が逆転した情況を目の当たりにした原体験がある。また戦争末期の寮生活で極度の食糧難の生活をつづけ、幸い戦死者はなかったものの家族は離散状態になった。 さらに戦後の教育制度の改廃や教育...

不思議な出会いの実話(その3)

映画監督と海軍将兵の縁は天理で結ばれた(奈良県の橿原神宮境内にある慰霊碑) 3年半ほど前になるが、広島出身の新藤兼人監督が100歳で永眠された。夫人は先に故人となった女優の音羽信子さんで「原爆の子」など数々の名画を世に送り出した名監督であった。98歳の時、自ら遺言と語った反戦映画「一枚のハガキ」を車いすの上から監督した。戦死した兵士の夫人役で主演した大竹しのぶの名演技が光っていた。 この「一枚のハガキ...

不思議な出会いの実話(その2)

 百済(くだら)の王子を先祖にもつ大内さん        やはり数年前の9月中頃のこと、電話で連絡を下さった方が「大内」と名乗られたので、すぐに思い出した。というのは、以前に本の注文を頂いたとき、私の「義弘」という名前が、その方のご先祖「大内義弘」と同名に当たるので偶然とは思えない、と聞かされたことがあったからだ。 中世の歴史にうとい私は、あわてて「大内義弘」を検索してみたら、室町時代に栄えた...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事