ブログ<原典からの出発>(since2009.12.16)

天理市から発信する 教内外の情報満載のブログです。 10年前から開設しているHP<天理と刻限>の姉妹版として、 原典と現実をむすぶ「理」の情報を提供します。

Category [大震災と原発事故 ] 記事一覧

コントロールできない3・11の放射能汚染

 東日本大震災と福島第一原発事故以来5年が経った。福島県全体では2016年2月現在なお9万3千人超の県民が避難中といわれる。その中で南相馬市は避難解除になったとはいえ不安の声が多く、大半の住民が元の住所に帰ろうとしていない。 年間20ミリシーベルト以下になるように土壌を除染することになっているが、土を削って詰めた黒いビニールのフレコンバッグは福島県内だけで1千万袋以上になり、それが県内12万8千ヵ所に積...

3・11から2周年に当たって

 昨日で東日本大震災および福島第一原発のメルトダウン事故から丸2年が経過した。 マスコミはこの時とばかり大震災特集を報道し、多くの国民の関心を呼び起こした。 なにしろ大津波という自然災害(天災)と原発の爆発という人災が同時に起こったために、両方が混乱して復興の責任がウヤムヤになっている情況は否定できない。 私もその当時をふりかえって、このブログの過去ログを再読した。2011年3月の発信回数は最多の16...

「福島の被災者に対する侮辱」

 日本全国の親愛なる皆様  これ以上の侮辱行為があるでしょうか?政府は福島の被災者を支援するための資金を、原子力発電のために流用しようとしています。しかし今、私たちが被災者と共に立ち上がれば野田首相の無謀な決定を覆させることができます。  こんな書出しで野田首相への嘆願書に署名を呼びかけるメールが送信されてきた。 呼びかけをしている団体=AVAAZについては次のような説明があった。<Avaaz.orgは世界の人々...

核廃棄物の最終処分場は??

 先日8日(水)のテレビ8chで、午後5時から青山繁晴氏が出演していた。青山氏は元ジャーナリストで現在は(株)独立総合研究所のトップ.。政治・経済・軍事など幅広く活動している。最近では日本海沿岸の海底に堆積するメタンハイドレード(燃料となるメタンガスの結晶)を関係府県と共同で調査・確認したとの報告をテレビで公開していた。その燃料を海底から採取すれば、わが国に必要な数百年分の燃料は確保できるという。 ...

情報には裏がある

 心ある少数派からマス「ゴミ」と呼ばれる全国紙やテレビのニュース報道では決して得られない情報が、たまたま地方紙の大阪日日新聞の社主・社長の論説として発表されていることをネットで知った。(新日本海新聞社も経営者は同じ) マスコミ情報が裏面で利権と結びついていて、どれほど真相と違っているかは、一読すれば明白となる。例えばその真相は、「小沢一郎」の評価に最も良く表れている。バランスをとる意味でも web 版...

左サイドMenu

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

『天の言葉』ダウンロード無料

『原典を元とする理の研究』から教義の基本となる序章と第一章を抜粋してまとめたpdfファイル(37頁分)を無料提供します。

ダウンロードを希望される方は下記アドレス宛にメールくだされば、折返し添付ファイルを返信します。genten505@gmail.com

ブロマガ<原典からの出発>

紹介文:このたび特定の読者のために電子書籍およびPDFファイル等を提供する企画を進めています。いずれも原典を元とする非公開の資料ばかりです。
今後の文書活動資金に役立てるため有料としますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

(購読手続きは FC2 に無料登録して購読ご希望の資料ごとにメールアドレスとパスワードを記入するだけで個人情報は不要です)

FC2カウンター

最新更新した記事

最新記事

最新記事

最新記事

プロフィール

植田義弘

Author:植田義弘
今年(2016)8月4日に朝日新聞の取材を受けて記事と共に掲載された近影です。記事については8/15更新のブログを参照してください。今年84歳にしては若く見えるでしょう?

フリーエリア

フリーエリア

daiyogen.jpg

右サイドメニュー

検索フォーム

最新刊のお知らせ

*カラーチラシと挨拶文をリンクからごらん下さい。

QRコード

QRコード

ご案内

画面をクリックしてくだされば詳しい案内が出ます。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新記事